VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

WebVRをイチから始めてみた……ブログ開設のご挨拶を兼ねて

更新日:

初めまして。株式会社81plus(エイティワンプラス)、と申します。

今年(2016年)の1月に生まれたばかりの、まだまだひよっこな会社です。今はVR動画の制作事業や、ウェブサイト制作事業などを中心にガリガリやっております。

VRでは360VRのライブ映像や、180度3DVRの動画制作などがメインです。一部を弊社公式サイトでも公開しています。

VR / 株式会社81plus

https://81plus.co.jp/vr.html

どうぞ何卒よろしくお願いします。

ブログの事始めは、WebVRのお話から

さて。

VR、というと皆さんは、弊社ブログトップにございます、口元のセクシーなお姉さまが装着している「ヘッドマウントディスプレイ」が目に浮かぶのではないでしょうか。

Oculus VR、HTC Vive、Gear VR、ハコスコ、PSVR……今年はいろんな形でVRを体験できるようになりましたね。

このようなVRコンテンツを、Web上で取り扱えるようにする仕組みが「WebVR」というものです。Web上で3Dを取り扱う「WebGL」という技術を使い、皆さんがお使いのブラウザで簡単にVRのコンテンツを表示したり、楽しめたりするようにします。

たとえば。

A-Frame

https://aframe.io/

こちらはFireFoxでおなじみの「Mojilla VRチーム」が発表した、WebVR用のフレームワーク。3DCGのサンプルと一緒に、VRのサンプルデモをわかりやすく表示しています。

でも、ウェブでVRを取り扱えることで私たちにどんな良いことがもたらされるのか、この情報だけではわかりにくいですね。YouTube行けば360VRのムービーが山のようにあるし、WebVRって言われても、みたいな。

そこで!

ブログを始めるにあたって、この「WebVR」を実際に書いてみて、どう活用できるのかを不定期かつすこーしずつ、すこーしずつではありますが、ご紹介をしてみたいと思います。まずは基盤となるWebGLと、そのWebGLを扱いやすくするためのフレームワーク「three」「A-Frame」のご紹介からかな?

それでは、末永くお付き合いくださいませ。よろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-コラム, 特集
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.