VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

CES2017 日本メーカーの様子と、その他のニュース

投稿日:

CES2017続報

パナソニック

機械翻訳:
CES 2017にてAndruエドワーズが紹介するパナソニックVRヘッドホンは、最高級品の、没入型のバーチャルリアリティー機器です。
220度視野で – 競争しているヘッドセットの倍の平均的100度視野より広い – この表示は、没入型のトレーニング経験を必要とする消防士、外科医、パイロットその他のために設計されています。
その上、このVRヘッドセットは極端なHD入力を通して継ぎ目なく360度のカメラと同期することができて、骨伝導オーディオテクノロジーを装備しています。



▼ニュースリリースはこちら▼
CES 2017 パナソニックブースの主な出展内容

日産

日産自動車の会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス ゴーンは5日、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017(CES 2017)の基調講演で、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走り、そして社会とどのようにつながっていくのか、という3つの領域における日産の指針である「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」の活動におけるいくつかの成果を発表しました。


▼ニュースリリースはこちら▼
CES 2017における「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」発表概要
この取り組みの第一歩として、2017年内に日産製の自動運転車両を用いた技術的な実証実験を日本国内で開始し、2020年までに無人運転による交通サービスプラットフォームのビジネスモデルなどを検証します。
DeNA、自動運転車両を活用した新たな交通サービスプラットフォームの開発を決定

FOVE

FOVEはラスベガスで開催されているCESで、視線追跡VRヘッドマウントディスプレイ「FOVE 0」の発送を開始すると発表した。FOVEが2015年5月に実施したKickstarterのクラウドファンディングにおける当初の出荷時期は2016年3月だったが、その後パーツ調達の問題に直面し、発送を延期していた。それから8ヶ月近く経って、ようやく出荷の準備が整ったようだ。

VR・ARの現在の普及状況

汎用モバイルVR⇒多数(CARDBORD1千万台超)
専用モバイルVR⇒およそ800万台超(GEAR VR 500万台+Pixelシリーズ300万台)
専用据え置きVR⇒およそ200万台超(ほぼPlaystation VR)+アミューズメント施設(OCULUS+VIVE)
汎用モバイルAR⇒多数(世界1億台超、日本1千万台超、ほぼポケモンGO)
▼ニュースサイトより▼
ポケモンGOが世界1億ダウンロードを達成、課金は1日10億円超 (調査会社調べ)
【2016年まとめ】「ポケモンGO」ユーザー動向調査
ポケモンGO、国内インストールユーザー数はInstagramを超える約1740万人:ヴァリューズ調査

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.