VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRon(ヴイアール・オン)

ルームスケールVRについて、とその他のニュース

投稿日:

CES2017ではモバイルVRHMDの次のトレンドとして
・ルームスケールVR
・ジェスチャー入力
の2つが目立っていたようです。
大まかに3つのながれがありました
①スマートフォン単体で対応
②特定のスマートフォンに依存(TANGO対応)
③スマートフォンに外付けで対応

①スマートフォン単体で対応
についてはZEISSブースにてDacudaデモコーナーでiPhone 7でデモが動いていた模様です。


SLAM Scan 3D engineでアウトカメラと内蔵センサーの連携してスマートフォン単体にて実現している模様です。


GOOGLEのPIXELで3Dスキャナーとしてのデモも最近公開されました。

②特定のスマートフォンに依存(TANGO対応)
ZenFone ARが発表されました。


但しARとVRのデモは別々になっていて下記の動画の様に、ルームスケールVRにするには取り込みと体験のプロセスは別々になってしまう感じです。

パワーレンジャーVRでプロモーション
クアルコムのチップを使ったデモとのこと。

③スマートフォンに外付けで対応
LEAPMOTIONのデモが多かった。
モバイル対応でGEAR VRと一体になるようなモックも展示され動作していました

他にもOccipitalのブースもありました。

こちらの記事に体験レポートがありました。


機械翻訳:
唯一の問題は、Google Cardboardよりもずっと多くの遅れがあることでした。彼らは現在、必要なAPIにアクセスできないため、レイテンシは約50ミリ秒(浸水に必要な最大20ミリ秒をはるかに上回る)でしたが、Appleからのアクセスを要求しており、その後レイテンシ〜5 ms(!)です。
▼ニュースソースはこちら▼
CES 2017: Hands-on with Occipital Bridge, a VR and AR headset for iPhone
Occipital Bridgeの紹介動画

その他のニュース

VR向けドローイングソフト Quill の作例

箱庭系フリーゲームとエディター
すき氏により制作されたフリーゲームのアクションRPG『箱庭えくすぷろーら』。スクリプトエディタ「Hot Soup Processor」 (HSP)によって開発され、精緻に作りこまれたドットアニメーションが印象的で、開発の早い段階からツイッターで拡散され話題を呼んでいた。


そんな本作『箱庭えくすぷろーら』のようなクォータービューのドット絵アクションRPGを制作できるツールのβ版「箱庭あにまβver56」が、すき氏により公開された

分解してコンパクト化するニーズ
人気のクラシックミニファミリーコンピュータ。再販を待たずに泣く泣く転売価格で購入したミニファミコンを無謀にもDIYでゲームボーイの中にインストールした改造機、その名も「FAMICOM POCKET(ファミコンポケット)」のご紹介

オススメ記事

1

AR技術を活用して作られた新しい「テクノスポーツ」、HADOとは?   「HADO」とは、株式会社meleapが開発・提供しているAR(拡張現実)を用いた新感覚のARスポーツです。名付けて「 ...

2

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, , , ,

Copyright© VRon(ヴイアール・オン) , 2017 AllRights Reserved.