VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

【レポート】「SENSORS IGNITION 2017」へ行ってテクノロジーエンターテイメントの未来を見てきました! その1

投稿日:

こんにちわこんばんわ。

3月24日、虎ノ門ヒルズにて開催されました「SENSORS IGNITION 2017」にVRonも参加してまいりました! 本日は、同イベントの展示スペースにて公開されておりました展示の中から、いくつかご紹介していきますよー。

世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」(株式会社cerevo)

まずは以前こちらの記事で可変型アームロボット「Tipron」をご紹介させて頂きました、株式会社cerevoさんのブース。

人々の生活に浸透していく……ここ最近のIoT的トピックをまとめてみました(2017年3月分)

ここ最近は弊社ブログでも「IoT」(モノのインターネット)に関する記事を取り上げさせていただくことが多くなりました。 そこで、ここ最近で気になった「IoT」的なトピックのうち、まだご紹介していないもの ...

続きを見る

こちらは触感フィードバックセンサーを搭載したVRシューズ・グローブ「taclim」。VR空間内の地面の感触やキャラクタの履いてる靴の感触などを再現できるんだそうです。

今回はデモ展示、ということでシューズを実際に履かせて頂いたんですが、RPGによくみられるような「毒沼」「バリアの床」などを疑似的に振動で表現していました。VRアトラクションや、ファンタジーな内容のVRコンテンツに応用がききそう。正式リリースが楽しみですね!

同ブースでは「1/8タチコマ」も展示されていましたよ! こちらお値段157,400円(税抜)で現在プレオーダー中。タチコマと会話できる「音声認識」や、原作にもあった「並列化」もできるそうです!

こちらが1/8タチコマの公式動画。リリースが待ち遠しい!

UFO型デバイスで人間を捕まえろ!「ピーポーパニック!」(株式会社ココノヱ)

お次は株式会社ココノヱさんのブース。去年11月に制作されました「ピーポーパニック!」が出展されていました。

『ピーポーパニック!』はペーパークラフトで作られたUFO型デバイスを使って、街の人間を捕まえる、というゲーム。UFO型デバイスの中には赤外線マーカーが仕込まれていて、これを感知しながらプロジェクションマッピングで描かれた街並みに同期させています。以下は公式の紹介動画。

ゲームの操作はかざすだけ! 非常にカンタン! 会場では特にお子様の人気を集めていましたよ。他にもココノヱさんでは様々なゲームを開発していらっしゃるそうですので、気になる方はぜひ公式サイトをチェック

個性を学習するパートナーロボット「ユニボ」(ユニロボット株式会社)

本エントリのラストは、ユニロボット株式会社さんのブース。世界初の個性を学習するパートナーロボット「ユニボ」が展示されていました。

ユニボは、持ち主と会話を重ねることで人間の個性を学習し成長していくAIを搭載したパートナーロボット。持ち主自らがユニボのスキルを拡張することができ、自分だけのユニボにカスタマイズすることもできる「ロボットコンシェルジュ」として紹介されています。

とてもかわいいフォルムの筐体ながら、そのスペックは本格的。androidを搭載し、フルHDの7型ディスプレイを備えます。詳しくは以下の動画をどうぞ!

次回も展示スペースの模様をお伝えしていきます。チェキ!

オススメ記事

1

AR技術を活用して作られた新しい「テクノスポーツ」、HADOとは?   「HADO」とは、株式会社meleapが開発・提供しているAR(拡張現実)を用いた新感覚のARスポーツです。名付けて「 ...

2

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-コラム
-, , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.