VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

8つのカメラと4つのマイク! Aniwo、360度3DVR動画撮影可能な4Kカメラ「Vuze」の日本上陸を発表。19日よりクラウドファンディング開始

投稿日:

あの8眼VRカメラが、正式に日本にやってきます!

Humaneyes Technologies Ltd. (イスラエル)とAniwo(イスラエル)は18日、二社が共同で3D 360° VR 4K動画が撮影できるビデオカメラ「Vuze VR Camera」の日本初上陸と、先行発売するプロジェクトを国内最大手クラウドファンディングサービス「Readyfor」にて明日7月19日(水)より開始することを発表しました。

(追記あり)ちっちゃなボディにカメラ4台!360度3DVR撮影可能を謳うミニカメラ「TwoEyes VR」がKickStarterで190000ドルを集め無事ゴール

(2017/3/31追記) こんにちわこんばんわ! 昨日は僕の方でもVR関連のニュースを探していたんですけど、たまたまこんなKickStarter見っけましたので、ご紹介します。 360度3DVR撮影 ...

続きを見る

Vuse VR Cameraのことは、以前「Twoeyes VR」を取り上げた際にご紹介させて頂いておりましたね。昨年5月に発表、今年の3月に発送開始。現在も販売が続けられています。8つのカメラと4つのマイクを搭載していること、そしてなんといっても「360度3DVR撮影」を可能とするカメラとしては10万円を切る(発表時で799米ドル)破格の安さが大きな特徴で、日本へのローカライズが待たれていました。

「人間の目の間隔で2×4のカメラを配置し、実際の視覚・深度を再現するリアルな立体感のある360° 3D動画の撮影が可能」としています。

こちらが公式の紹介ムービー(英語)。

こちらが実際に撮影された360度VRムービー。

上のサンプル動画をVRモードにして、よーく全周を見渡して目を凝らすと、動画の切れ目が縦に4つあるのがわかりますね。

4面に2つずつ、人間の目と同じ間隔(※プレスリリースより)にカメラが配置されていて、各面ごとに左右の映像を収録することで、360度全面で立体視ができるようになっているんですね。なるほど!

で! この度晴れて正式に日本上陸と相成ったわけでございます。

先行して行われますのが、Readyforでのクラウドファンディングキャンペーン。Vuze日本語公式ページ( http://bit.ly/vuzejapan )からの早期申込者限定で、

  • 通常販売価格の25%オフとなる99,500円で販売
  • オプションの三脚とmicroSDカードがセット

という特別パッケージが提供されます。ファンディングの内容は明日19日より公開で、8月31日までの実施で目標金額は100万円(オールオアナッシング:目標未達成の場合全額返金+リターンなし)。すでに一部が公開されておりまして、

【事前予約者向け】
一般販売価格(本体125,000円+アクセサリ 10,000円) の約25%割引→99,500円
【最大割引価格】
一般販売価格(125,000円+アクセサリ 3,200円) の約20%割引→99,500円

(プレスリリースより)

と、10万円以下でVuze VR Cameraを入手できるまたとないチャンスみたいですよ! Vuze VR Cameraのザックリとしたスペックは以下の通り。

  • レンズ:画角(FOV) 180°×120°のレンズ×8個搭載
  • 動画撮影スペック:4K (3840×2160)、30fps
  • 静止画撮影スペック:4K (3840×2160)
  • ストレージ:microSD(1時間以上の長時間撮影が可能)
  • マイク:48Hzマイク×4、16bit PCMオーディオ
  • バッテリー:フル充電で2時間

これで470g、動画スティッチング+編集ソフト「Humaneyes VR Studio」(Windows版、5ライセンスまで無料)、充実のアクセサリ付きというスペック。色はイエロー、レッド、ブルー、ブラックの4色展開でございます。

Nokia OZO(約550万円)とかと比べちゃうとアレでソレですが、10万円弱であの時のあの光景を360度ステレオで、しかも動画で残せる! となれば決して高くはないお値段なのではないかと! 詳しいスペック内容・特徴などについてはぜひぜひプレスリリースをご覧ください~!

記事元:「今」この瞬間の全てを3D 360° VR 4K動画で記録するハイスペックビデオカメラ「Vuze」が日本初上陸!クラウドファンディング「Readyfor」にて先行発売開始。-PR TIMES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.