VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

「触覚」をヴァーチャルに伝達! VR力触覚デバイス開発のイクシー、大成建設と共同でロボット遠隔操作システムを開発

投稿日:

あの「EXOS」を開発したイクシーさん、次のステップへ!

イクシー株式会社は20日、⼤成建設株式会社と共同で、⼒触覚伝達技術を利⽤したロボット遠隔操作システムの開発に着⼿したことを発表しました。

かなえとのぞみの「気になるVRon!」その1

物に触れるような感覚を再現! イクシー株式会社が外触覚掲示デバイス「EXOS」を発表 1月17日、義手や義足などの開発を行っているイクシー株式会社が、公式サイトにて外触覚掲示デバイス「EXOS」(エク ...

続きを見る

弊社ブログの1コーナーであります「かなえとのぞみの「気になるVRon!」、その第一弾にてご紹介したのが、イクシーさんの外触覚掲示デバイス「EXOS」でした。もうあれから半年も経つんですね!

デバイスに装着されたモーターの力により、手と指に反力を与えることで触感を再現するこのEXOS、当時は大きな話題になりました。

今回大成建設さんと共同開発を行います「ロボット遠隔操作システム」では、作業者がインターネットを介して遠隔地でも対象物の硬さ、軟らかさを感じながらロボットを操作出来るようにし、そしてロボットが⼈間の操作を学習し、⾃ら作業出来るようにする……ところまでを⽬指すとのこと。マジ近未来!

また、イクシーさんが開発してきた外⾻格型の⼒触覚提⽰デバイス『EXOS Glove』、5指ハンド『EXOS Hand Unit』、ロボットアーム『EXOS Arm Unit』を採⽤し、これらを組み合わせたシステム構築を行うそうです。現時点で動作しているプロトタイプの動画がこちら!

おおお! 手の動きとばっちりシンクロしてるじゃないですかー!! これらの製品は本リリースで初公開になるそうですよ!

それとそれとこちらもビッグニュース!! 本システムに使⽤する五指ハンド『EXOS Hand Unit』が本日より⼀般販売を開始しました!

『EXOS Hand Unit』本体がが税込みで648,000円です。詳しくは販売サイトをチェックチェック! → https://exiii.thebase.in/

各製品の詳細などについてはぜひ公式サイトをご覧くださいませ!

記事元:VR力触覚デバイス開発のイクシー、大成建設とロボット遠隔操作システム開発に着手 -PR TIMES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマ ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.