VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

六本木ミッドタウンで開催中の「Galaxy Studio」へ行ってGalaxy S8やGalaxy Gear VRなどをハンズオンしてきました

更新日:

先日もご紹介させていただきました、Galaxy製品を引っさげて全国を駆け巡るGalaxy主催イベント「Galaxy Studio」。VRonでは何度か取り上げさせていただいたんですけども、紹介するだけではもったいない! 実際にお邪魔して体験しなくっちゃ! ということで、実際に「六本木ミッドタウン」へ行ってまいりました~!

取材日は祝日ということで大勢の方が会場に訪れていました。文字通りの大盛況! 休日の六本木ミッドタウンはいつもお客さんでごった返すのですが、それに輪をかけて人が集まっているような感じで、周囲の関心をひきつけていらっしゃましたよ!

まずはとにかく実際の製品を拝見させてくださーい!

Galaxy S8 | Galaxy S8+

【6/5更新】SAMSUNG、新フラッグシップ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」をau・docomoから発売。2社とも6月8日で確定

いよいよキマシタよー!!! サムスン電子ジャパンは23日、Galaxy Sシリーズの最新機種「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」を、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社から201 ...

続きを見る

超狭ベゼルに18.5:9の新ディスプレイサイズになった「Infinity Display」(有機EL)、メインカメラの「デュアルピクセル技術」、新しいインターフェース「Bixby(ビクスビー)」「指紋認証」に加えて、「虹彩認証」や「顔認識」にも対応、と新しものづくし! 平安時代に飛んで虹彩認証しちゃうCMも話題の「Galaxy S8|S8+」ですよ奥様!

手に持った感じは5.8インチとは思えないほど手のサイズにしっくり来る感じ。ベゼルレススタイルが予想以上に持ちやすさの面で効果的に機能している印象を受けました。タッチ操作やカメラ操作などを試させていただきましたが、とっても滑らかできめ細やか。いやー、さすがフラッグシップって感じです!

スタッフの方に手にとって頂きました。手のサイズとS8の大きさがこの写真からお分かりいただけますでしょうか? ね、かなーりジャストなサイズ感なんですよね!

こちらが「Galaxy S8+」。手は同じくスタッフの方なのですが、サイズ感の違いがわかりますかー?

今回の物理ボタン廃止にともなって大きくなってさらに画面が見やすく、存在感が増しています。筆者個人的には俄然こちらが好み!

なお、画面下のAndroidおなじみインターフェイスはフリックでしまったり表示させたりと直感的に切り替えられます(つまり物理ボタンじゃないってこと)。表示領域を最大限に活かした機能が満載ですね!

Galaxy Gear VR with Controller / Galaxy Gear 360

さあ! VRon的本番はこれからです!

こちらが新型の「Galaxy Gear VR with Controller」「Galaxy Gear 360」でございますよー。コントローラーがついてさらにアクセス性が増しました!

実際に頭にかぶって体験できるプレイアブル展示もされておりました。今回のGear VR最大の特徴であるコントローラーが追加され、さらに便利になりました!

実際の装着感は、よりハッキリとした視野になったなー、という印象。視野角や解像度が劇的に変わったわけではありませんが、付けているスマートフォンの進化に併せてキビキビと動作し、かつキリッとしたビュー感で、より快適にVR体験ができそうな感じでした!

こちらはGear 360のデモンストレーション。カメラのレンズが捉えている画像をリアルタイムにスマホへ映し出すリアルタイムビューで展示されていました。それにしてもGear 360、ほんっとに小さいですねー! 個人ユースにもってこいなサイズ感に好感が持てます!

Dex Station

こちらが参考展示されておりましたDex Station。Galaxy S8をドックにセットしてデスクトップPCとして使用できるというもの。まだ日本ではリリースされておりませんが、これ欲しい! ていうかめちゃくちゃカッコイイ!! 早くリリースして欲しいです!

体験アトラクション / スタンプラリー

その他、会場内では様々な体験アトラクションが展示されておりました!

こちらはVRアトラクション(Gear VR 4D Theater)。8人が1チームとなって着席した空間を宇宙船に見立て、新しい「Galaxy Gear VR」とコントローラーを使ってシューティングゲームを楽しむ新感覚アトラクションになっています。4DということもあってVRの動きに合わせて椅子がまあ揺れる揺れる! 楽しそうでしたよ! VRアトラクションとしては、この他にマウンテンバイクでのVRライド体験ができるものや、最新スマートウォッチを使ってのフィットネス体験のブースも用意されていました。

また……

テーブル上に製品の主要機能などが表示され、テーブル上のタッチスクリーンで操作することで、スマートフォンの機能や特長を学ぶことができる「インタラクティブテーブル」など、製品のポテンシャルをバッチリと体験できるブースもありますので、いろいろ楽しめますよ!

六本木での開催は8月21日まで! 急げ!

こちらGalaxy Studioではこんなスタンプラリーも用意されております!

ブース内の展示を5つ以上体験すると、上でご紹介した「Gear VR 4D Theater」が体験可能。さらに8つスタンプを貯めればハズレ無し! 東京ミッドタウン内で使える商品券2000円分を抽選で250名にプレゼント(抽選に惜しくも外れた方には参加賞として、ミニエコバック贈呈)されるラッキースロットに挑戦できるというものです。ぜひぜひチャレンジを!

さらにさらに!

  • 期間中にGalaxy Studio会場の様子をSNSに投稿いただいた方に、カラフルなオリジナルドリンク(微炭酸)をプレゼント
  • Fitness得点バトルにてベスト5以内にランクインした方には、高い堅牢性が人気の「Galaxy Gear S3 frontier」またはオフタイムだけでなくビジネスシーンでも使いやすい「Galaxy Gear S3 classic」をプレゼント

というキャンペーンも開催されています!

ご厚意でオリジナルドリンク、頂いてしまいました。こちらはライチ味で暑~い夏にピッタリ!

六本木での開催期間は2017年7月29日(土)から8月21日(月)まで。場所は東京ミッドタウンのアトリウムになります。この機会に、Galaxyシリーズの新しい可能性を体験してみてはいかがでしょう? 以上、現場レポートでしたー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

3

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

4

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

5

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-コラム, ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.