VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

ダイキサウンドとゲートウェイ、「VR MUSIC LIVE」プロジェクトを発表。音楽ライブVRコンテンツをエムカード形式で一挙販売

投稿日:

ダイキサウンド株式会社(東京都港区)は19日、ゲートウエイ株式会社(千葉県木更津市)は16日、ゲートウェイによるプロジェクト「VR MUSIC LIVE」として、10月24日よりアーティスト総数47組、200楽曲以上の音楽ライブVRコンテンツを「エムカード」の形で店舗販売することを発表しました。音楽ライブVRコンテンツをカード形式にて店舗販売を行うのは、国内初の試みとなります。

エムカードとは?

エムカード」とは、カード1枚で、音源・画像・映像・VRと様々なデジタルコンテンツをダウンロード、ストリーミングなどで楽しめるサービス。すでに100組以上(公式サイトに掲載されているアーティスト数)のエムカードがリリースされておりまして、ノベルティグッズの一形態として広まりつつあります。

販売店舗・サイト

今回10月24日よりVRコンテンツ入りのエムカードが販売されますのはこちら!

セブンネットショッピング

・販売場所:セブンネットショッピング(セブンイレブン全店のタブレット端末)
・販売形態:シリアルカード1枚に2曲入り
※タワーレコード販売楽曲、VR GATEWAYダウンロード販売楽曲とは異なる楽曲2曲
・予約開始:9月16日(土)
・発売開始:10月24日(火)
・販売金額:11月30日(木)までの早期購入特別価格1,300円(税込)/1,204円(税抜)
※通常価格:1,800円(税込)/1,667円(税抜)
・サイトURL:http://7net.omni7.jp/general/004116/170916vrmusiclive

タワーレコード

・販売場所:タワーレコード(オンライン、渋谷店、名古屋近鉄パッセ店、梅田NU茶屋町店)
・販売形態:シリアルカード1枚に2曲入り
※セブンネットショッピング販売楽曲、VR GATEWAYダウンロード販売楽曲とは異なる楽曲2曲
・予約開始:9月16日(土)
・発売開始:10月24日(火)
・販売金額:1,300円(税込)/1,204円(税抜)
・サイトURL:http://tower.jp/vml

VR GATEWAY

・販売形態:デジタルコンテンツとして単曲販売
※セブンネットショッピング販売楽曲、タワーレコード販売楽曲とは異なる楽曲
・予約開始:なし
・発売開始:10月24日(火)
・販売金額:700円(税込)/649円(税抜)
・サイトURL:https://vr-gateway.com

参加アーティスト

今回「VR MUSIC LIVE」に参加するアーティスト、全47組も公開されました。一気に掲載します!

fox capture plan / ザ50回転ズ / 「アイドル魂 なだれ坂ロック!」ライブよりThe Idol Formerly Known As LADYBABY / 二丁目の魁カミングアウト etc. / TRI4TH / ウソツキ / Calmera(カルメラ) / PRIMITIVE ART ORCHESTRA / bohemianvoodoo / Yellow Studs / ビレッジマンズストア / MOP of HEAD / THE AUTOCRATICS / 二人目のジャイナ / DA-Dee-Mix / 鳴ル銅鑼 / Who the Bitch / Boiler陸亀 / THE JIVES / JABBERLOOP / 磯山純 / MUSIQUA / 櫻 / Canalclan / sugarMs.boy / 碧井愛莉 / sWan / miccie / Lead Luck / スラマットパギー / THE NEUTRAL / Anima / GLASS TOP / tribe / Earls Court / peeto / KONSOME+ / ロイジプシー / SLINGSHOT MILLION2 / 三角形の時間 / 歪-HIZUMI- / サンズトラック / FANTASY-UPDATE / EgwEimi / ALTRA&CRYOGENIC / MERRY FREAKS / RiNGO TONE / プリン食べたの誰。

いやー、何がビックリって、こんなにたくさんのアーティストさん達がもうVRコンテンツを持ってるんですね! そこにビックリです! 不勉強にして筆者が存じているのは「ザ50回転ズ」くらいなのですが、如何に360度ビューのコンテンツに対して、多くの音楽アーティストが積極的にアプローチしているのかがわかる一端、と言えるのではないでしょうか。うん、さらに元気が湧いてきましたよ!

各販売形態によって収録楽曲・コンテンツが違いますので、そこらへんを比べながらショッピングするのも楽しそう。10月24日の発売開始が楽しみですねー!

※「エムカード」「M-Card」はダイキサウンド株式会社の登録商標です。

記事元:アーティスト総数47組、200楽曲以上、音楽ライブVRコンテンツを一挙販売(ゲートウェイ) / アーティスト総数47組、200楽曲以上、音楽ライブVRコンテンツをエムカード形式で一挙販売。国内初の試み「VR MUSIC LIVE」(ダイキサウンド)-PR TIMES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマ ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.