VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

GoPro、4K・60fps撮影に対応した新作「GoPro HERO6 Black」、5.2K360度VR撮影が可能な「Fusion」などを発表

投稿日:

ついに4K+60fps対応ですか!

アメリカ現地時間で28日、 GoProが、アクションカメラ「HERO」シリーズの新作「HERO6 Black」など、新ラインアップを発表しました。

GoPro HERO6 Black

こちらがHERO6 Blackでございます。とにかく注目なのはスペック!

  • 新しい GP1 プロセッサ
  • 4K・60fps撮影、1080p(FullHD)で240fpsの撮影が可能に
  • 新しいスタビライズ機能
  • (新機能)タッチズーム
  • 5GHz帯を使用したWiFi接続(日本国内は未対応)
  • 10m防水
  • GoPro用マウントやKarmaなどをそのまま使用可能
  • ダイナミックレンジ・暗い場所でのパフォーマンスを強化
  • RAW モード、HDR Photoモードを搭載
  • 10か国語対応
  • GPS、加速度計、ジャイロスコープ
  • WiFi + Bluetooth

何と言っても最大のポイントは「4K・60fps」撮影が可能になったことでしょう。特に180度3DVR撮影の用途において選択肢になりそうです。

お値段は直販価格で59,000円(税込み)。本日から発売が始まっています。

Fusion(日本発売は未定)

また、同時に360度撮影が可能なアクションカメラ「Fusion」も発表されています。11月より一部地域で発売が開始されるとのこと。

5.2K 30fps、3K60fpsの360度撮影が可能なほか、18メガピクセルの360度写真の撮影もOK。VR動画から通常の画角の動画として切り出す「OverCapture」機能(2018年初旬よりサービス開始予定)やスタビライゼーション機能なども備えています。

その他にもタイムラプス(ビデオ・フォト)、ナイトラプス、バーストモードなど機能満載のご様子。これは日本での発売が楽しみですね!

今回の発表では、その他にもドローン「Karma」の新ヴァージョンなど周辺機器の発表などが行われました。発表会の模様など、詳細はGoPro社のプレスリリースをチェック!

記事元:THE LAUNCH 2017: HERO6 BLACK AND FUSION ARE HERE! -GoPro

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマ ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.