IVRC 2020、SEED STAGE審査会を明日9月12日13時よりYouTube Liveにて中継公開

日本バーチャルリアリティ学会 IVRC実行委員会は4日、本年度の大会「IVRC 2020」の第1ステージ「SEED STAGE」審査会を9月12日13時より開催することを発表、合わせて、この模様を日本VR学会YouTubeチャンネルにて公開することも合わせて発表しました。

いよいよ、本選始まる。豪華審査員、公開セッションも!

IVRC 2020、書類審査を通過したSEED STAGEの進出作品が決定

昨年のIVRC2019・本選の様子 日本バーチャルリアリティ学会 IVRC実行委員会は27日、本年度の大会「IVRC 2 ...

続きを見る

IVRCは、学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを競うコンテスト。1993年から開催され今年で28回目。これまでにVRの既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきています。

前回もご紹介しましたとおり、今回から新たに以下のような変更が行われております。再掲!

  • これまでの「予選を日本VR学会総会で、本選を公開会場にて開催」を「審査委員と聴衆とをオンラインで接続した「Interverse開催」」主体に変更
  • 一般とユース、予選と本選の区別が廃止され、「SEED STAGE」「LEAP STAGE」の2ステージ制に。「SEED STAGE」をメインステージと位置づけ、「LEAP STAGE」ではスポンサー企業の支援を受けたり、複数のチームが協力したチャレンジにトライする「世界に向けて打ち上げるステージ」として位置づけられる
  • 審査員に新たに「ゲスト審査員」が加わる
    大石佳能子さん(株式会社メディヴァ代表取締役社長)
    川島優志さん(Niantic Inc.アジア担当副社長)
    久保田雅人さん(NHK「つくってあそぼ」の『ワクワクさん』)
    近藤"GOROman"義仁さん(株式会社エクシヴィ代表取締役社長)
    八谷和彦さん(東京芸術大学准教授・メディアアーティスト)

ということで! そんなIVRCの新たなるメインステージ「SEED STAGE」が、明日12日の午後1時より開催されますよ。また、審査会の模様は同じくオンラインにて開催されます第25回日本バーチャルリアリティ学会大会の一環として、VRSJ公式チャンネルにて一般公開されます。それが上のYouTube埋め込み動画です。以下スケジュール!(IVRC 2020公式サイトより引用)

さて、気になりますのが「クリエイターズセッション」と「交流会」であります。

ということで、坪倉さん、西田さん、亀岡さんの3名によるパネルディスカッションが行われますよ。審査だけでなく、こちらも楽しみですねー。また、交流会の中でおこなれます公開登壇のラインナップもめちゃくちゃ気になります!

SEED STAGEから、果たしてどのチームが賞を獲得するのか!?

では、今一度このSEED STAGEに進出した全チームをご紹介しましょうー。

  • 花瞼: FuGu (東京大学 教養学部)
  • 手レポ腕ーション: アームワーパー (大阪大学 大学院情報科学研究科)
  • そそぎそそがせ: 日本のんだくれ連合 (大阪大学 大学院情報科学研究科)
  • バルーン割るーん: どきどきのこ (甲南大学 知能情報学部 / 文学部, 奈良女子大学 大学院人間文化総合科学研究科)
  • 在宅茶会: MHK2020 (青山学院大学 総合文化政策学部)
  • あ…ありのまま今起こったことを話すぜ! 「絵を描いていたら指が短くなっていた」: Tと奇妙な仲間たち~ぬりぬりめりぬり~ (大阪大学 大学院情報科学研究科)
  • Durahan: 首無し (慶応義塾大学 理工学部 / 大学院理工学研究科)
  • くすぐってみ~な: くすぐり隊 (奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科)
  • お散歩彼女: みのむし (岐阜大学 工学部)
  • 警備体験: チーム警備体験 (多摩大学 経営情報学部)
  • 頭のネジを取り戻せ!: ネジ取り戻し隊 (熊本県立大学 総合管理学部)
  • ネイバー・インベイダー: 時空警察 (電気通信大学 大学院情報理工学研究科)
  • 老化タイムラプス: HGW (電気通信大学 情報理工学域)
  • コロクリHOUSE: コロポックル (電気通信大学 情報理工学域)
  • ウイルス撲滅!フラフープシューター: ロードオブザフラフープ (神奈川工科大学 KaitVR)
  • 運命の赤い糸: 運命を信じ隊 (東北大学 大学院情報科学研究科)
  • 打ち上げ花火: マンゴミルク (慶應義塾大学 メディアデザイン研究科)
  • きっとCutKit: 完全感覚Nail Clipper (電気通信大学 情報理工学域)
  • 匂いの回路 : 9bit (慶應義塾大学 環境情報学部/総合政策学部)
  • 命の火朧: Hamaji (静岡大学情報学部,兵庫県立大学工学部)
  • Heart Box : ヤブ外科医院 (筑波大学 理工学群工学システム学類 / 知能機能システム専攻 / 大学院デザイン学)
  • 蘇るゾンビ 物の怪 (慶応義塾大学 メディアデザイン研究科)
  • てんほこ: さるるるると愉快な仲間たち (松本工業高等学校 電子工業科)
  • おててで遊ぼう: てあそび (立教池袋高等学校 数理研究部)
  • 物語ハコ便: Uber Stories (電気通信大学 情報理工学域 / 大学院情報理工学研究科)
  • Augmented Sequencer: TaniHaru (石川工業高等専門学校 電子情報工学科)

また、皆さんは来週18日、第25回日本バーチャルリアリティ学会大会のオーラルセッション(OS)にて研究発表を行います。なお、この研究発表の視聴については学会大会への参加登録(有償)が必要ですので、ご注意を。

そして! 今回の日本VR学会大会では「Open Virtual Exhibition」という公開セッションが執り行われますよ!

オープン・バーチャル・エキシビションは、VRに関係する展示発表を募集し、HubsやDiscord等を用いたVR空間を活用したセッションです。今年前半の研究活動における様々な制約を鑑みて、従来のポスター発表と技術展示の発表に加え、参加母体、内容について広く門戸を開くことを想定して開催されます。事前に発表の応募も行われました。

VR学会大会への参加には有償の参加登録が必要ですが、こちらのOVEについては「無料」で閲覧できます!(要別途参加登録) 日本VR学会ってなんだろう?という方や、VRの研究最前線を知りたい、という方、ぜひ参加してみては? 申込みはpeatixで受け付けられていますので、ぜひ!

https://peatix.com/event/1620765/

さあ、明日の審査会が楽しみですねー! ワクワク。

出典:IVRC2020公式サイト

-Youthのチカラ, 最新ニュース
-,

© 2020 Youthのチカラ / VRonWEBMEDIA