コラム

人類はこうやって進化する! VR/AR+近未来身体感覚なガジェットのご紹介

2017年2月27日

視覚障害者も”見える”ようになるスマートグラス、オックスフォード大研究者らが開発

最小限の視力が残っている人であれば、周りにいる人をスマートグラスが投影したハリボテのような姿で認識することができる。さらにその人の視力に応じて、色やズーム機能を使って見え方をカスタマイズすることも可能だ。

techcrunchより

まずはオックスフォード大学の研究から。使用されているのはどうやらMETA1というMRゴーグルの開発者版みたいですね。

こうした用途でMRゴーグルが使用されて、社会に役に立つのはとっても喜ばしいことですね!

SFみたいに体が入れ替わる? VRが「技術伝承」「遠隔作業」へ活用できる可能性について

「自分ではない誰かが見たり触れたりしたものを、その人になったつもりで追体験できるようになるのがVRだ」

ITmdiaより

お次はIEEEが2月16日に開催したプレスセミナーでの一コマ。東京大学教授の稲見昌彦さんがVRの技術的活用について言及されていますよ。

タイムラグがあっても問題が少ない「リモート操作での極限環境・危険場所の作業」やベテランの操作の様子を一人称で追体験する「職業訓練」など、色々な可能性が語られています。

この分野にもVRゴーグルは利用されていくようですねー。

撃たれた場所だけがバイブレーション! 16か所の振動体を内蔵したベスト型アクセサリー「The Hardlight VR suit」

https://www.youtube.com/watch?v=GlW4AEAuMSU

最後は2月22日にKickstarterで資金調達が始まり、あっという間に100,000米ドルを集めてゴールしちゃった「Hardlight VR Suit」。

重さ1.5キロ強ながらも装着感は軽いんだそうですよ。2017年9月出荷予定で、現在499米ドルの早割りを実施中です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

その日、取材班はお台場におりました! 11月16-17日、IVRC実行委員会はテレコムセンター(お台場)にて、第27回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2019)決勝大会を開催しま ...

2

その時、我々は両国におりました! いちから株式会社/株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは12月8日、両国国技館にて「Virtual to LIVE in 両国国技館」を開催しました。 今回、 ...

3

バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAと田中工務店は9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催し ...

4

【続報3・21:40時点】iTunesアルバムランキング(総合)、Jポップ部門、共に[第2位]にランクイン!あと少し。あと少し!!#MZM pic.twitter.com/QxTO85FdGW &md ...

-コラム
-, ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2020 All Rights Reserved.