VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRon(ヴイアール・オン)

Galaxy S7 edge国内でもAndroid 7.0へ、iPhone10周年モデルはいったいどうなる!? 3月17日のAR・VR・IoTニュースその2

投稿日:

au・docomo、Galaxy S7 edgeをAndroid7.0へバージョンアップ

au、docomoの2社がGalaxy S7 edgeのAndroid7.0へのOSバージョンアップを開始しました。

でですね、実は去年のお話になるんですけども、Jiggly.cnさんが以下のような記事を公開しているんですよ。次期Gear VRではリモコンが標準装備になりますが、どうなるのでしょうか……。関心は尽きませんね。詳細はJigglyさんの記事をご覧くださいませ!

次期iPhone、次はどこが部品を供給するのか? そして10周年モデルの新機能は!?

 アップルは一般的に、iPhone最新モデルのどういった機能が目玉になるか、発売前には明かさない。だが、競合他社の動きや部品サプライヤーが示す手掛かりを考慮すると、複数の進化を遂げている可能性が高い。予想される新機能の一部が、有機EL(OLED)を用いたフレキシブルディスプレーと、USB-Cポート採用によるワイヤレス充電だ。そして3次元(3D)センサーと呼ばれる機能も内蔵される公算が大きい。

ウォールストリートジャーナルより

ガラスから音響部品、移載機――ごく微細な部品をマザーボードに設置できる産業用ピンセットのような実装機――まで、あらゆるものを手掛けるメーカーが熱狂している。

日経(FT)より

お次は「今度こそ、なんかすんごい機能が来るんじゃないの? 10周年だし!」とのうわさで早くも持ちきりの次期iPhoneについて。

次回のiPhoneは「今のところ3機種リリース」「うち一つは10周年記念モデルで価格も1000ドル越え」「10周年記念モデルは有機ELディスプレイを採用」なーんてうわさが聞こえてきておりますけども、VRon的には「3Dセンサー搭載」が気になります。なんせ、仮に搭載すればですよ、ティム・クックさんが常々言及している「AR対応」がかなりぐっと現実に近づくわけですからね!

上記2本の記事は、次期iPhoneの部品を供給する側(サプライチェーン)から見た今回の次期リリースについて書かれていますので、興味がある方はぜひ!

でで、その10周年記念モデル。CNET Japanさんが今出回っている「うわさ」についてまとめています。

次期iPhoneにデュアルレンズのカメラが搭載され、周囲の空間をスキャンしてそこに高精度で3Dオブジェクトを重ねられるようになる可能性はある。

CNETより

おお、こちらにも「AR」的なうわさが! 仮に実現すれば超エポックメイキングな機能になりそうです。引き続き注目していきましょう!

オススメ記事

1

AR技術を活用して作られた新しい「テクノスポーツ」、HADOとは?   「HADO」とは、株式会社meleapが開発・提供しているAR(拡張現実)を用いた新感覚のARスポーツです。名付けて「 ...

2

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, ,

Copyright© VRon(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.