コラム ニュース

Goro FujitaさんのVRムービー作品「Worlds in Worlds」がヤバすぎる!

こんにちわこんばんわ。

普段はコラムばっかり書いている私ですが、いやー、めちゃくちゃどえらい映像作品を見てしまいましたので、皆さんにご覧いただきたくご紹介します。

 

Goro Fujitaさんは日本生まれ・アメリカはカリフォルニア在住のクリエイターさん。

すでにご自身のブログDeviant Artで素晴らしいアートワークを発表されています。幼少時に移り住んだドイツでグラフィックデザインやプログラミングを学び、3Dアニメーションの世界へ飛び込んだとのこと。それからTVCMや映画などの分野で活躍されました。

2009年にアメリカへ移住し、あの!「DreamWorks Animation」に7年勤務。数々の作品に携われたそうです。そして現在はあの!!Oculusによる「Oculus Story Studio」にお勤めでございます。バリッバリのバリッバリです。

OculusのVRイラストレーションツール「Quill」で描いた小宇宙

Fujitaさんが制作に使用したのは、お勤め中のOculus Story Studioが開発したVRイラストレーションツール「Quill

先日発売されたばかりのコントローラ「Oculus Touch」を使用し、VR上に仮想のキャンバスを用意して、Oculus Touchでグリグリと絵筆を走らせる様は、まさにVRのためにできた描画ツールと言っても過言ではないでしょう(上記はOculusによるデモムービー)。

そんな中、日本時間にして昨日(!!)公開されたFujitaさんの作品は、世界(Worlds)というよりも「小宇宙」。

「4日間かけて制作しました。…(途中略)…このツール(Quill)はマジで限界知らずですよ! ぜひこの動画を通じてVRの可能性を体験してください。(以後略)」

ご本人のブログより、筆者の拙訳)

と書いていらっしゃいますが、えー! これ4日間で作ったんですか! 凄い!!

とにかく! 見た方が早いです。ヤバいです! ぜひ!!

Goro Fujitaさんの公式ブログ
http://chapter-56.blogspot.jp/

Goro Fujitaさんの公式Vimeo
https://vimeo.com/goro

Goro FujitaさんのPetreon(Fujitaさんに支援ができます)
https://www.patreon.com/goro

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-コラム, ニュース
-, , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)