ニュース

「ココロ」の治療にVR技術を活用、全編一人称視点の映画「ハードコア」日本で4月公開!3月8日AR・VR・IoTニュースその2

恐怖症、依存症などの治療にVRヘッドセット・アプリを活用!

お次は先日開催された「MWC 2017」(スペイン・バルセロナ)でのエピソードを。

リトアニアのTelesoftas社、それにスペインのPsious社が取り組んでいる、「心理療法での活用を目的としたアプリケーション開発」についてAFP通信が紹介しています。

VRであれば、安全な環境で、疑似体験治療を実施できる」とTelesoftasのCEOであるアルギルダス・ストーニスさんはインタビューに答えていますね。上記のような企業に加え、アメリカでも様々な新興企業が開発しているとのこと。スペインのPsious社についてはすでに臨床実験までこぎつけてるそうですよ。

普段とは全く違う環境をヴァーチャルに構築できるのもVRの強み。様々な分野でもっともっと活用できるになるといいですね!

一人称視点映画「ハードコア」、日本で4月に公開

本日最後は、去年にアメリカでスマッシュヒットを放ち、VR界隈でもめちゃくちゃ話題になったこの映画をご紹介しましょう。

そう!完全一人称視点ムービー「Hardcore Henry」が日本で4月から公開されちゃうんです!

予告編を見て頂ければそのものズバリ! この映画の最大の特徴は「完全に一人称視点」である、ということ。徹底した主観視点を実現するために機材はすべて「GoPro」を使用。GoProならではのブレッブレな画面も含めてこの作品が「完全FPS映画」と称される所以です。下の動画はそのメイキング。

こちらを見て頂けるとさらにわかるのですが、あらゆる場面でGoProを活用しているのがよーくわかりますね。

コチラの映画、IndieGOGOでクラウドファンディングを募り見事ゴール。全米公開までたどり着くと、アメリカでの興行収入が初登場5位を記録するなど、話題づくめの作品となりました。

4月から全国ロードショー公開されます。一人称視点、という観点は「VR動画」も同じ! イリヤ・ナイシュラー監督の作品を将来ぜひともVR動画で見たいなー! なんて淡い期待を抱きつつ、オススメです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-ニュース
-, ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)