ニュース

『ドドンパ』の次は『FUJIYAMA』だ! 富士急行、富士急ハイランド内VRアトラクション「ほぼドドンパ」に加え「ほぼFUJIYAMA」を明日から稼働開始

富士急行株式会社は28日、同社が運営している富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)におきまして、人気絶叫コースター「ドドンパ」と「FUJIYAMA」をバーチャルリアリティで楽しめるVRアトラクション「ほぼドドンパ」、「ほぼFUJIYAMA」を明日7月29日(土)よりオープンすることを発表しました。

「MOVERIO BT-300」+ドローン、「進撃の巨人×富士急ハイランド」、結婚式とVR! 3月17日AR・VR・IoTニュースその3

「MOVERIO BT-300」+ドローンの組み合わせがいいらしいよ! EPSONが昨年9月に発表したスマートグラス「MOVERIO BT-300」のお話。どんなスマートグラスなのかは以下の公式動画を ...

富士急ハイランドにて大人気を誇っていた「ドドンパ」が2016年10月、リニューアルによる稼働休止のため「あの衝撃をVRで体験!」と用意されたのが「ほぼドドンパ」でございました。去年の12月のことでしたね。

その後ドドンパは「ドドドンパ」として今年の7月に凶悪にパワーアップして帰ってきたのでございますが、「ほぼドドンパ」もひそかにパワーアップしていたのでございます! そう、あの「FUJIYAMA」をVRにしてしまったんです!

富士急ハイランドさん曰くーーー

このアトラクションを体験すれば、“絶叫マシンの食わず嫌い”は既に克服できたも同然で、あとは実際アトラクションに乗って1.56秒で時速180kmまで加速したり、79mの高さから落下したりするだけです。コースレイアウトは事前に映像で見ているので、戸惑うことはありません。多少体にGがかかる程度で、きっと気持ちよく絶叫することができるでしょう。

プレスリリースより

だそうでございます。ちょっと無理やり感があるのがイカス!

特に「ほぼドドンパ」ではリニューアル前の「垂直上昇+垂直落下」体験のそのままだそうですので、現行マシンとの違いを楽しむことも可能! 雨が降って実機マシンが運転中止になっちゃっても、こちらは全天候型だから安心! と、富士急ハイランドさんならではの遊び心がちりばめられた内容になっております。以下概要!

  • オープン日:平成29年7月29日(土)
  • 設置場所:「トンデミーナ」横特設テント
  • 所要時間:各約4分
  • 定員:各8名
  • 利用料金:13歳以上 500円、7歳~12歳 300円
  • 利用制限:7歳以上(ハコスコビューワ)、13歳以上(Gear VR)

富士急ハイランドに来てみたのはいいけど、あのジェットコースターにいきなり乗るのはちょっと……なアナタ! いい予行演習になること請け合いですよ。ぜひ!

記事元:富士急“絶叫マシンの食わず嫌い”克服計画、VRアトラクション「ほぼドドンパ」「ほぼFUJIYAMA」7/29(土)オープン -PR TIMES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-ニュース
-, , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)