Inter BEE 2017に行ってVR/ARの最前線を見てきました!(その4・株式会社ピクセラ・パノミル)

更新日:

11月15日から17日まで幕張メッセにて開催されました「Inter BEE 2017」。展示されていた企業様・製品などをひとつづつご紹介しています。3つ目は、「パノミル」です!

「パノミル」(株式会社ピクセラ)

かなえとのぞみの「気になるVRon!」その8 これからは「プロレス」と「野球」もVRライブ配信で楽しもう!

3月31日、大日本プロレスの興行がSHOWROOMでVR生配信! Klamp株式会社(東京都品川区、代表取締役:渡邉公基)は、VRでプロレスの試合が視聴できる「VRプロレス」 コンテンツの制作を開始し ...

続きを見る

以前「パ・リーグTV」のライブストリーミング配信にて取り上げさせていただいた株式会社ピクセラさん。360度VR動画配信プラットフォームの「パノミル」で知られます。

今回のInter BEE 2017では、11月9日に販売代理店契約の締結が発表された、Voysys AB社のリアルタイムスティッチソフト「Voysys VR」のデモンストレーションが行われていました。

高画質のVRライブ配信を実現する「Voysys VR

Voysys VR」は、高画質のVRライブ配信を実現するVR/360°ライブプロダクションソフトウエア。複数のカメラから構成されるVRカメラの映像をリアルタイムにスティッチ、高画質な360°映像を出力できるというすぐれものです。

複数の360°カメラを使ったマルチシーンスイッチングや、360°映像内へのピクチャーインピクチャーなどさまざまな機能を備えていて、特にVRライブ配信に強い特徴を持っています。

6台の4K一眼レフカメラから、8K画質の360度映像をリアルタイムで配信

で! 今回実際に「Voysys VR」を使ったリアルタイム配信が行われておりました(上の写真)。

下の写真でお分かりの通り、6台の一眼レフカメラ(Panasonic GH5ですね)から4K画質の映像をリアルタイムにスティッチして、その場で8K画質の360度VR動画(2D)を見ることができるようになっていました。

実際に拝見させて頂きました(HMDはHTC Vive)が、さすがは8K画質! キメの細やかさが違いますね!

若干のラグ(遅延)こそありますが、4Kの動画を6本まとめてエイヤッ!とバリバリ処理していることを考えると、すさまじいほどの技術によって実現されているんだなー、と感じました。やるな、「Voysys VR」!

「パノミル」も4K配信に対応。VRライブ配信に注力

その他、会場内の360°VR映像を「パノミル」の配信システムを用いてライブストリーミング配信するデモンストレーションも行われていました。

360°VR映像に仮想スクリーンを浮かび上がらせ、サブカメラの映像をマルチビュー表示する「MagicVision」のデモも拝見しまして、相当VRライブ配信に力を入れていらっしゃるなー、との印象を強くしました。

今後も技術向上に尽力していきたいとのこと。ピクセラさんの今後の取り組みに期待ですね! 次回もお楽しみに~!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあて、10月17日がやってまいりましたよ! 10月17日がどうしたのって? 決まってるじゃないですか、Windows Mixed Realityが動作可能になる「Windows 10 Fall Cr ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

3

日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマ ...

4

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

-コラム, ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.