コラム ニュース

Inter BEE 2017に行ってVR/ARの最前線を見てきました!(その4・株式会社ピクセラ・パノミル)

11月15日から17日まで幕張メッセにて開催されました「Inter BEE 2017」。展示されていた企業様・製品などをひとつづつご紹介しています。3つ目は、「パノミル」です!

「パノミル」(株式会社ピクセラ)

かなえとのぞみの「気になるVRon!」その8 これからは「プロレス」と「野球」もVRライブ配信で楽しもう!

かなえこんにちわこんばんわ! かなえです! のぞみだ。のぞみ かなえお姉ちゃん! VR動画が生配信されたら、どんなの見てみたい? 生……だ……と!? そ、そんな、かなえ、そんな艶めかしいものなぞ、VR ...

以前「パ・リーグTV」のライブストリーミング配信にて取り上げさせていただいた株式会社ピクセラさん。360度VR動画配信プラットフォームの「パノミル」で知られます。

今回のInter BEE 2017では、11月9日に販売代理店契約の締結が発表された、Voysys AB社のリアルタイムスティッチソフト「Voysys VR」のデモンストレーションが行われていました。

高画質のVRライブ配信を実現する「Voysys VR

Voysys VR」は、高画質のVRライブ配信を実現するVR/360°ライブプロダクションソフトウエア。複数のカメラから構成されるVRカメラの映像をリアルタイムにスティッチ、高画質な360°映像を出力できるというすぐれものです。

複数の360°カメラを使ったマルチシーンスイッチングや、360°映像内へのピクチャーインピクチャーなどさまざまな機能を備えていて、特にVRライブ配信に強い特徴を持っています。

6台の4K一眼レフカメラから、8K画質の360度映像をリアルタイムで配信

で! 今回実際に「Voysys VR」を使ったリアルタイム配信が行われておりました(上の写真)。

下の写真でお分かりの通り、6台の一眼レフカメラ(Panasonic GH5ですね)から4K画質の映像をリアルタイムにスティッチして、その場で8K画質の360度VR動画(2D)を見ることができるようになっていました。

実際に拝見させて頂きました(HMDはHTC Vive)が、さすがは8K画質! キメの細やかさが違いますね!

若干のラグ(遅延)こそありますが、4Kの動画を6本まとめてエイヤッ!とバリバリ処理していることを考えると、すさまじいほどの技術によって実現されているんだなー、と感じました。やるな、「Voysys VR」!

「パノミル」も4K配信に対応。VRライブ配信に注力

その他、会場内の360°VR映像を「パノミル」の配信システムを用いてライブストリーミング配信するデモンストレーションも行われていました。

360°VR映像に仮想スクリーンを浮かび上がらせ、サブカメラの映像をマルチビュー表示する「MagicVision」のデモも拝見しまして、相当VRライブ配信に力を入れていらっしゃるなー、との印象を強くしました。

今後も技術向上に尽力していきたいとのこと。ピクセラさんの今後の取り組みに期待ですね! 次回もお楽しみに~!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-コラム, ニュース
-, , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)