ニュース

エヌジーシー、KANDAO社製360度3DVRカメラ「Obsidian」シリーズの販売を開始

更新日:

 

株式会社エヌジーシー(東京都千代田区)は9日、中国のKANDAO Technologyと代理店契約を締結し、同社が開発・製造する360度3D撮影が可能なVRカメラ「Obsidianシリーズ」の販売を開始することを発表しました。

レンズ6台で360度3D撮影を実現するあのカメラ、日本にて正規代理店販売開始

Inter BEE 2017に行ってVR/ARの最前線を見てきました!(その6・株式会社インタニヤ / ジョエ株式会社)

11月15日から17日まで幕張メッセにて開催されました「Inter BEE 2017」。展示されていた企業様・製品などをひとつづつご紹介しています。 5つ目は、昨年もお邪魔させて頂きました「株式会社イ ...

続きを見る

以前InterBEE 2017の時にご紹介しましたObsidian。いよいよ日本に本格上陸です!

Obsidianシリーズは、中国のKANDAO社が開発・リリースしている360度3DVRカメラです。6つのレンズを内蔵しており、8K画質での出力に対応した「R」と、ハイスピード撮影(最大120fps)に特化した「S」の2タイプ展開。

また、スティッチングのためのディープラーニングソフトウェアも添付されている他、PoE対応のLAN端子を使ったライブ配信もできちゃう!という、とっても攻め攻めなスペックです。以下はKANDAOによる公式紹介動画。

お値段税抜きで800,000円。360度3DVR撮影が加速する!?

で! 今回NGCさんが日本における代理店契約を締結したということで、このObsidianシリーズの正規販売ルートが確立されることになります。気になる販売価格はこちら!

  • 価格  :Obsidian R/S本体 800,000円(税抜)
  • 販売目標:2018年度 20セット

NGCさんではカメラの販売のみならず、長年の映像制作業界での経験を活かし撮影から編集・配信に至るまでの環境を幅広く提供していくとのこと。

映像制作のプロが取り扱うということもあって、手厚いサポートにも期待できそう。またNGCさんはネットワーク製品や3DCGアプリケーションの取り扱いもされていますので、特にライブ配信の面で活用されるケースが増えるかもしれませんね! 詳しくは公式サイトからお問い合わせを!

記事元:エヌジーシー、KANDAO社製VRカメラObsidianの販売を開始 -@Press

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

さあて、10月17日がやってまいりましたよ! 10月17日がどうしたのって? 決まってるじゃないですか、Windows Mixed Realityが動作可能になる「Windows 10 Fall Cr ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

4

【2018年5月15日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

5

株式会社meleapは4月21日、ARスポーツ「HADO」の大会「HADO SPRING CUP 2018」を開催しました。 今回、VRonは昨年に引き続き直々にお誘いを頂きまして、ガツーンと取材させ ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.