ニュース

エヌジーシー、KANDAO社製360度3DVRカメラ「Obsidian」シリーズの販売を開始

 

株式会社エヌジーシー(東京都千代田区)は9日、中国のKANDAO Technologyと代理店契約を締結し、同社が開発・製造する360度3D撮影が可能なVRカメラ「Obsidianシリーズ」の販売を開始することを発表しました。

レンズ6台で360度3D撮影を実現するあのカメラ、日本にて正規代理店販売開始

Inter BEE 2017に行ってVR/ARの最前線を見てきました!(その6・株式会社インタニヤ / ジョエ株式会社)

11月15日から17日まで幕張メッセにて開催されました「Inter BEE 2017」。展示されていた企業様・製品などをひとつづつご紹介しています。 5つ目は、昨年もお邪魔させて頂きました「株式会社イ ...

以前InterBEE 2017の時にご紹介しましたObsidian。いよいよ日本に本格上陸です!

Obsidianシリーズは、中国のKANDAO社が開発・リリースしている360度3DVRカメラです。6つのレンズを内蔵しており、8K画質での出力に対応した「R」と、ハイスピード撮影(最大120fps)に特化した「S」の2タイプ展開。

また、スティッチングのためのディープラーニングソフトウェアも添付されている他、PoE対応のLAN端子を使ったライブ配信もできちゃう!という、とっても攻め攻めなスペックです。以下はKANDAOによる公式紹介動画。

お値段税抜きで800,000円。360度3DVR撮影が加速する!?

で! 今回NGCさんが日本における代理店契約を締結したということで、このObsidianシリーズの正規販売ルートが確立されることになります。気になる販売価格はこちら!

  • 価格  :Obsidian R/S本体 800,000円(税抜)
  • 販売目標:2018年度 20セット

NGCさんではカメラの販売のみならず、長年の映像制作業界での経験を活かし撮影から編集・配信に至るまでの環境を幅広く提供していくとのこと。

映像制作のプロが取り扱うということもあって、手厚いサポートにも期待できそう。またNGCさんはネットワーク製品や3DCGアプリケーションの取り扱いもされていますので、特にライブ配信の面で活用されるケースが増えるかもしれませんね! 詳しくは公式サイトからお問い合わせを!

記事元:エヌジーシー、KANDAO社製VRカメラObsidianの販売を開始 -@Press

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-ニュース
-, , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)