ニュース

誠文堂新光社、雑誌『子供の科学』の子供向けVR特設サイト『KoKa こどもVR』をオープン

投稿日:


株式会社誠文堂新光社は11日、2018年7月10日(火)より、雑誌『子供の科学』の子供向けVR特設サイト『KoKa こどもVR』をオープンしました。

誠文堂新光社の子供向け科学雑誌「子供の科学」が、VR / ARへと大きく舵を切りまくり中

「子供の科学」は、実に1926年から刊行が始まった、超ーーー老舗の子供向け科学雑誌で、今年で93年目に入ります。93年!!

詳しい雑誌の紹介はWikipediaさんにお願いすることにしまして、なんと言ってもこの「子供の科学」さんの最大の特徴が、公式ウェブサイト「KokaNet!」の充実ぶりであります。頭からお尻迄パンッパンに餡子がつまったたい焼きのようなサイトになっておりまして、子供心をくすぐるポイントをわかっていらっしゃる、って感じ!

でですね、最新号の8月号(7月10日発売)が非常に奮っておりまして、

表紙に落合陽一さん

これだけでも何というか、すっごい舵の切り方をされていらっしゃるのがよーくお分かりいただけるかと思います。

「火星に行けるVRメガネ」が付録についてくる8月号!

でですね、その8月号に付録としてついてくるのが、「火星に行けるVRメガネ」です!

ああ、ちゃんと表紙にも「体験型VRゴーグル」って記載されてますね。

こちらは組み立て型になっておりまして、組み立て後にスマホから特設サイト『KoKa こどもVR』をアクセスし、各VRコンテンツ(YouTubeアプリへ移動します)を表示させてからゴーグルに嵌めると、「火星旅行」や「人体の内部」を楽しめる、という仕組みです。

題して「KoKa VRゴーグル」。コンテンツは今後も順次追加予定で、すべて「無料」で視聴可能になっています。ちなみに今回公開されました「火星旅行」がこちら。

ゴーグルはいわゆる「一眼」タイプですので、7歳以下のお子様でも安心してVRコンテンツを楽しめますよ。YouTubeに切り替えてから「VRアイコン」を押さないようにしないとね!

発売中の雑誌と連動、子供たちが楽しめるコンテンツが今後も続々と追加予定!

上記の通り、『子供の科学』8月号は全国の書店やWEBストアですでに発売中。今後もVRサイトではコンテンツを追加していくとのことです。

VR技術はすでに医療や建築、教育の現場で導入が進められていますが、特に教育の分野でますますの活用が期待されています。未来を形づくるテクノロジーを、ぜひ「KoKaこどもVR」で体験してみてはいかがでしょうか?

【書籍概要】
『子供の科学』毎月10日発売
付録とも 特別定価本体800円+税
公式サイト『コカねっと!』 http://www.kodomonokagaku.com

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-04-4910037030887
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009002992627/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07D591SRQ/
honto:https://honto.jp/netstore/pd-magazine_29134843.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1208516341

記事元:注目の「VR」が体験できる!雑誌『子供の科学』より、火星旅行や人体潜入が楽しめる『子供向け VR特設サイト』がオープン!! -PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

3

【2018年7月19日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.