ニュース

TWIN PLANET・ピクシブ・SHOWROOM、「VRoid Studio」初のバーチャルタレント輩出プロジェクト『AVATAR2.0』を開始

投稿日:

株式会社TWIN PLANET、ピクシブ株式会社、SHOWROOM株式会社の三社は5日、ピクシブが2018年7月にリリースした人型アバターの3Dモデルを簡単に作成できるキャラクターメイカー「VRoid Studio(ブイロイド・スタジオ)」初の共同事業となる、「イラストレーター」と「ライブ配信者/声優」を掛け合わせたバーチャルタレントを輩出していくプロジェクト『AVATAR2.0』を開始することを発表しました。

ピクシブがさらに動く。新たなバーチャルタレント輩出プロジェクトは、ツインプラネット・SHOWROOMと共に

昨今バーチャルアバター・バーチャルタレント・VTuberに関するニュースが鳴りやみません!

今やPCやスマホで簡単にバーチャルアバターを作成・配信できるアプリケーションの発表・リリースが相次いでおりますが、その中でもピクシブさんがリリースした「VRoid Studio(ブイロイド・スタジオ)」は、特にクリエイターの間でも大きな話題となりました。

ピクシブ株式会社・プレスリリース(https://www.pixiv.co.jp/news/press-release/article/6518/)より

「VRoid Studio」は、「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」を理念とするピクシブさんが、キャラクターを使った作品作りやVR/AR空間でのコミュニケーションを楽しめる世界の実現を目指すプロジェクト「VRoidプロジェクト」の中核として位置付けているアプリケーション。

現在ベータ版がリリースされておりまして、無料配布されています(しかも商用利用OK!)。直感的に操作することができ、クリエイターが既に持っているお絵かきのテクニックを最大限に発揮できる3Dキャラクターメイカーです。

VRoid Studio公式サイト
https://vroid.pixiv.net/

この「VRoid Studio」をベースに、TWIN PLANETさん、SHOWROOMさんと共同で今回発表されたのが『AVATAR2.0』というわけです。

SHOWROOMはご存知! 日本屈指の大手映像配信プラットフォーム。またツインプラネットは「小森純」「鈴木奈々」「須田亜香里(SKE48)」「ラストアイドル」「ぺえ」などの人気タレントを抱える芸能事務所さんです。

「クリエイター」+「中の人・配信者」+「配信システム」=「AVATAR2.0」!

今回の『AVATAR2.0』は、「VRoid Studio」初のコラボレーション事業。ツインプラネット・ピクシブ・SHOWROOMの3社が共同で、バーチャルタレントのデザイン、ライブ配信者/声優の育成、公開配信まで一貫しておこなうプロジェクトです。

三社の役割分担はこんな感じ。

ツインプラネット… SHOWROOM上での人気配信者を発掘・育成を行ってきた実績を活かした「ライブ配信者/声優のマネージメント」領域

ピクシブ… イラストレーターと共に「VRoid Studio」を活用して2Dキャラクターを3D空間上で立体化する「クリエイティブソフトウェア+クリエイティブサポート」領域

SHOWROOM… 「配信プラットフォーム+配信ハードウェア」領域。生み出された新3DキャラクターたちがSHOWROOMの新アプリ「SHOWROOM V」にて「Virtual SHOWROOMER」として配信を実施

なんといっても一番のポイントは、SHOWROOMが新たにリリースする「SHOWROOM V」でしょう。手軽にバーチャルタレントとしてSHOWROOMで配信出来るiPhone向けアプリで、初期リリースではあの「VRM形式」に対応。VRM形式で作られたアバターを利用可能になります。今後はandroidアプリも年内目標でリリース予定だそうです。

ビッグネームのバーチャルタレント+プラットフォーム分野参入で、いよいよ戦国時代の幕開けか

今回の発表において三社は、

従来3Dキャラクターを1体製作・運営するためにかかっていた年間数百万~数千万円のコストが大幅に軽減され、3Dキャラクターを誰でも気軽に創作・配信することが可能になります。

『AVATAR2.0』では、イラストレーターとライブ配信者/声優が共にバーチャルタレントを生み出す機会を提供し、これまで一人のクリエイターの力では実現することが難しかったバーチャルタレントの創作を、より手軽に楽しめるものに変えていきます

太文字は筆者によるもの

としています。……んー! このフレーズ、やはり現在のバーチャルアバター界隈におけるトレンドとみて良さそうですね!

今回の三社に限らず、現在発表されているアバター制作ソリューションや配信プラットフォームに共通しているのは「アバター制作やキャラクター配信の敷居を『スマホレベル』に下げる」という点。

Vtuberタレント事務所「ENTUM」を手掛ける株式会社DUOさんの「IRIAM」、元DeNAから事業継承したエモモさんによる「Mirrativ」、ときのそらさんを擁する株式会社カバーさんの「ホロライブ」など、スマホを配信媒体ベースにするサービスが続々とリリースされています。

そんな中で今回は著名なクリエイタープラットフォーム+配信プラットフォーム+芸能事務所、というトリプルタッグが参入してきたわけでございまして、これは大きな流れを生みそうです。果たして、「バーチャルアバター」がどのような形で進化していくのか……。今後から目が離せません!

記事元:株式会社TWIN PLANET、ピクシブ株式会社、SHOWROOM株式会社:共同プレスリリース(PR TIMES)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

2

【2018年10月18日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.