CEDEC 2019 ニュース

Gugenka、デジタル・アセットストア「Gugenka® Market Place」にてブロックチェーン技術「A trust」を導入

2019年9月2日

XR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリを制作する「Gugenka®(グゲンカ)」は2日、デジタルフィギュア「HoloModels™」、アバターメイキング「MakeAvatar™」などのデジタル・アセットを販売する「Gugenka® Market Place」に、エイベックス・テクノロジーズ株式会社の「A trust(エートラスト)」を採用したことを発表しました。

ブロックチェーン技術でデジタルコンテンツの限定性を担保! 第一弾は東雲めぐ直筆の「たくあんマンのデジタル版画」

「Gugenka® Market Place」は、Gugenka®さんが運営するデジタルフィギュア「HoloModels™」、アバターメイキング「MakeAvatar™」などのデジタルコンテンツの販売を行っているサービス。この「Gugenka® Market Place」にて使われたのがエイベックス・テクノロジーズさんの「A trust」です。

「A trust」は、ブロックチェーン技術を活用したデジタルコンテンツに証明書を付与する仕組みで、購入者は証明書付きのデジタルコンテンツを所有することができるようになります。

この「A trust」を使って、2019年8月29日(木)~9月1日(日)の期間で、Gugenkaさんの秘蔵っ子「東雲めぐ」さんが直筆した、10枚限定の証明書付きデジタル版画が10,000円(税別)で販売され、見事完売しました。この証明書付きデジタル版画は「HoloModels™」にて閲覧が可能となり、所有者には、証明書データが閲覧できるURLが付与されています。

容易にコピーできるため価値の証明が難しいデジタルコンテンツに対し「A trust」が10枚限定であることを証明する……という仕組みになっておりまして、この仕組を利用することで購入者は安心してデジタルであっても限定商品を購入できる他、ブロックチェーンで管理されている「A trust」の情報は本人しか権利移転が出来ないため、今後予定している二次流通についても限定性を保ち流通することが可能になる、としています。

今回の販売を皮切りに2019年秋から随時対応を進め、2020年上半期には本格的な運用を予定しており、利用範囲の拡大によるデジタルコンテンツの価値向上を目指し、IP(知的財産)ホルダーへのシステム提供も行っていく予定だそうですよ。

本取り組みの詳細については、明後日から横浜で開催されます「CEDEC 2019」にて、エイベックス・テクノロジーズ・ブロックチェーン事業部の石田陽之さんが発表を予定しています(9月6日、URL:https://cedec.cesa.or.jp/2019/session/detail/s5d1c74ffdb66d)。「A trust」を使用したデジタルアセットストアの構築に関するお問い合わせは以下までどうぞ!

お問い合わせ:https://ssl.avexnet.or.jp/form/ask/avex-technologies-jp/

うおっと! これは明後日からのCEDEC 2019で回らないといけないセッションが増えました! デジタルコンテンツの「限定性」については様々なアプローチが各所で試みられていますが、さすがはここでブロックチェーンが登場してきますねー。詳しいお話はCEDECでじっくりと聞いてまいります。楽しみー!!

情報提供協力:Gugenka® from CS-REPORTERS.INC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2019/10/16追記 Googleより「DayDream」の終了が発表されたため、下記の種類のうち「6番」を削除しました ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head M ...

2

【2019年10月25日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-CEDEC 2019, ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.