ニュース

東京国立博物館と凸版印刷、VRコンテンツ「洛中洛外図屛風」を「アノニマス ―逸名の名画―」と連動で上演

​ 独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館、独立行政法人国立文化財機構文化財活用センターと凸版印刷株式会社は12日、現在開催中のバーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」の連動企画として、東京国立博物館東洋館内TNM & TOPPAN ミュージアムシアターにて、2021年1月20日(水)から4月11日(日)までVR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』を再上演します。

只今clusterにて展開されております、バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」を2月28日までの会期で開催している凸版さん。これまでの技術をふんだんに活用したデジタルアーカイブ技術を駆使して様々なVRコンテンツをリリースされてきましたが、今回フィーチャーされるのは「洛中洛外図屛風(舟木本)」であります。

本VR作品は、東京国立博物館が所蔵する岩佐又兵衛筆の国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」から、約400年前の京都の文化と生活様式を読み解き、細やかに描き込まれた生命力溢れる人々の姿に迫る……という内容。2010年の初演公開以来数多くの再演をするなど、人気の高い作品です。

清水の舞台で知られる清水寺や、歌舞伎や人形浄瑠璃など見世物小屋で賑わう四条河原、日本三大祭に今も数えられる祇園祭の様子など、現在でも馴染み深い京を代表する風景を、超高精細なデジタル映像で再現します。

バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」(2021年2月28日(日)まで開催)ではすでにこの国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」の展示が始まっております。ミュージアムシアターでの本VR作品の上演と、バーチャル空間上での文化財鑑賞の双方で、国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」の魅力や見どころをより感じることができる! 一粒で二度美味しい! みたいな。

滋賀県の舟木家に伝来し、現在は東京国立博物館が所蔵する国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」。六曲一双からなる屛風には、大坂夏の陣(1615年)によって豊臣家が滅びる直前の京都の様子と、そこに暮らす2,500人にもおよぶ各層各種の生命力に溢れた人々の姿が活写されています。実物鑑賞では小さく描かれ見えづらい花見席の重箱や、二条城の台所で鴨や鯛を調理する様子など、「食」を切り口に、屛風に描かれた京の人々の暮らしに触れます。わずか数センチのサイズで描かれた人物を300インチのスクリーンいっぱいに超拡大するなど、高精細VRならではの方法で詳細に鑑賞できる作品です。以下開催概要!

上演案内

場所 東京国立博物館東洋館地下1階 TNM & TOPPAN ミュージアムシアター
期間 2021年1月20日(水)~4月11日(日)
上演日時 【2021年3月28日(日)まで】
水~日・祝・休日 11:00、12:00、13:30、15:00、16:00

【2021年3月31日(水)から】
水・木・金     12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
土・日・祝・休日  11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00

*所要時間約35分、各回定員90名(新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、当面の間、定員数を48名に制限して運営)
*上演スケジュール・定員は都合により変更になる場合がございます。ご来場の際は、シアターウェブサイトで最新情報をご確認ください。
鑑賞料金 高校生以上:600円、小学生・中学生:300円
未就学児、障がい者と介護者各1名無料

*チケットは、シアター前チケット売場でご購入いただけます。
*開演時間までにチケットをお買い求めください(当日券のみ)。
*博物館の入館に際しましては、オンラインでの事前予約が必要です。詳細は、東京国立博物館ウェブサイトをご覧ください。
シアターWebサイト http://www.toppan-vr.jp/mt/

関連展示情報

展覧会名 バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」
主催 東京国立博物館、文化財活用センター、凸版印刷株式会社
特別協力 スタジオ地図
会場 バーチャルトーハク 特別展示室 (cluster内)
期間 2020年12月19日(土)~2021年2月28日(日)
入場料 290円(税込)
*購入方法によって価格が変動します。詳細はイベント特設サイトをご確認ください。
イベント特設サイト https://virtualtohaku.jp/anonymous2020_exhibition/
*本企画は文化庁「文化芸術収益力強化事業」の採択事業です

この週末、歴史的作品を見ながら過ごすのはいかが?

記事元:東京国立博物館と凸版印刷、「洛中洛外図屛風」VRをバーチャル特別展と連動上演 -PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/11/11追記 NrealLightの一般販売発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年10月26日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)