ニュース

ロイスエンタテインメント、VR / Vtuber用3Dアバター製作サービス「REAL HUMAN AVATAR」を開始

投稿日:

株式会社ロイスエンタテインメントは11日、本日よりVR/Vtuber/VRchat用のリアルな人物のアバターを作成するサービス『REAL HUMAN AVATAR』を開始したことを発表しました。

わずか2枚の写真から3Dアバター作成を可能に! 新サービスが登場

リアルな人物のアバターが動いたら面白いと思いませんか?
人物のTポーズ(両手を広げたポーズ)の写真を前後2枚送ってください。その写真からVR/Vtuber/VRchat用のリアル人物アバターを制作します!

というざっくばらんなキャッチコピーと共に本日からサービスインとなりましたのが、ロイスエンタテインメントさんの『REAL HUMAN AVATAR』です。サービスの流れは以下のような感じ。

  • STEP① 前後2枚の「両手を開いたTポーズの写真」を送付する(シンプルプランの場合。標準プラン以上は「側面」など別アングルの写真が必要の場合あり)
  • STEP② 送付された写真から3Dモデルデータを作成
  • STEP③ VR/Vtuber用3Dデータとして納品。ボーン+リギング済み。

すごい! 超シンプル! 3Dモデルデータについてはロイスさんの3Dデザイナーがひとつづつ作成するそうですよ。だいたい1万~3万ポリゴンで作られるとのこと。

納品データ形式は「FBX」! ですので、UnityやUE4への使用はもちろん、VRChatにもそのまま使えます。またリギングには「Adobe Mixamo」を使っているそうでございまして、Mixamoに搭載のモーションを適用することも可能。今のところMixamoのモーションは無料で落とせますから、これは活用の幅が広がりますね!

服装や内容に応じた3つのプランで、あなた自身のオリジナルアバターを手に入れよう!

ロイスさんでは、服装の状態などに応じた3つのプランが用意されていますよ。

【料金プラン】※税抜表示

▼シンプルプラン:10万円(簡易な服装のみ。ズボン、スーツ等OK。スカート等はNG。)

▼標準プラン:15万円(標準的服装。ドレス等の複雑な服装はNG。)

▼特注プラン:25万円~(服装応相談。持ち物・装備応相談。)

なるほど! 3Dデータ作成の難易度に合わせた料金体系になってるんですね。『REAL HUMAN AVATAR』の公式サイトでは、実際のデータを使ったモーションアニメーションを見ることができますよ。

なお「シンプルプラン」では安価な価格を維持するため、3Dデータ完成後の修正はNG。「標準プラン」では、3Dデータ完成後1回の修正が可能で、2回目以降は1回の修正あたり制作費の20%を追加費用としてかかります。「特注プラン」では2回以上の修正や、各種カスタマイズに対応しているそうですので、ガッツリとアバターを作りたいときは特注プランの方がよさそうですね!

3Dスキャンサービスが続々と始まっている中、最低で2枚の写真からアバターを作るという気軽さがウケそうですね。今後のアバタービジネス展開がますます楽しみ!

記事元:VR/Vtuber用リアル人物3Dアバター製作サービス「REAL HUMAN AVATAR」 リアルな人物のアバターが動いたら面白いと思いませんか? -ValuePress-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

3

【2018年8月2日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

-ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.