VTuberニュース

博報堂DYメディアパートナーズ、イベント会場型メタバースサービス「VRADE」を開設

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは16日、株式会社アーリーワークス、株式会社博報堂プロダクツ、株式会社プレミアムアーツとの4社で事業提携を行い、VR空間で展示会や講演会、セミナー、会議などを含む複合型のイベントを開催可能なVRコンベンションセンター(複合型VRイベント会場)サービス「VRADE(ブレイド:http://vrade.jp/)」を開設することを発表しました。

博報堂がVRイベント空間提供サービスに参戦!

「VRADE」は、「イベント主催者が会場を選んでコンテンツを設定するだけで利用でき、イベント来場者はいつでも「VRADE」を訪れ、公開されているイベントに自由に参加できる場をオンラインで提供する」サービス。現在多くの事業者がサービス展開しているイベント会場型メタバース / VRプラットフォームサービスの世界に、いよいよ博報堂さんが満を持して参戦することになります。

「VRADE」という名称は、今回事業提携する4社の強み「VR、AD、Decentralized(分散処理)、Event/Exhibition」を融合したものだそう。一番のポイントは、アーリーワークスさんのノウハウである「高速ブロックチェーン技術」を使い、「VRADE-ID(電子ウォレット)」によるセキュアな来場者管理・拡張性や「電子チケット/パス」による独立性の高い招待者管理を擁しているところでしょうか。

これらの高度な技術力に加え、博報堂DYメディアパートナーズ・博報堂プロダクツの広告とイベントのノウハウを活かして企画・販売する……のが強みだとか。それは強そうだ!

XR周辺の開発は株式会社プレミアムアーツさんが担っています。プレミアムアーツさんといえば、テレ東の「相内ユウカ」さんや「VTuber・イケガミ」などを手掛けていらっしゃいますね。

あのイケメンキャラとVRウェディング体験!? ボルテージ、「挙式VR」など東京ゲームショウ2017でのブース出展詳細を発表

株式会社ボルテージ(東京都渋谷区)は29日、今年の9月21日(木)から9月24日(日)に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」のブース出展について発表、ガーデンウェディングをテーマにしたブ ...

続きを見る

ボルテージさんの「挙式VR」もプレミアムアーツさんのお仕事だそうで! さて、その肝心のメタバース部分なのですが、

こちらがデモで公開されている空間のスクショ。えー、ぶっちゃけたところを申し上げますと、非常に「Hubs」チックなインターフェイスでございます!

WebGLを活用したデバイスを選ばない動作環境を採用することで「あらゆるイベントに対応可能」としているそう。XRデバイスはもちろん、PCからの来場もOK。また空間カスタマイズの自由度も高く設計されています。

来場者は「アバター×ボイスチャット」によるコミュニケーション機能が備わっているあたりもHubsの仕様に似ていますね。ゲストもホストもアバターとして参加可能なシステム設計となっている他、画面共有/資料共有などプレゼンテーション機能もきっちりと用意してあります。

気になる「ブロックチェーン技術の活用」の部分ですが、「VRADE」の来場管理に「電子ウォレット(VRADE-ID)」を発行し、イベント毎の来場管理には「電子チケット/パス」を発行することでイベント主催者毎に独立性の高い招待者管理を実現するほか、ブロックチェーン技術を活用した「ポイント」や「アイテム」の設定など、さまざまなサービスが可能となる、としています。

VRADEのVR会場デモはこちらからどうぞ( https://xr.vrade.jp/J7XgJBG/entrance )。おー、動作とかめっちゃHubsだ! と感じることうけあいですが、サーバの設営から稼働、バックエンド制御までなかなか初心者がとっつきづらいHubsによる空間制作をレディメイドなパッケージに落とし込んで展開している、と考えれば非常に理にかなったサービス、とも考えられますね。細かなところの手の入れからも丁寧で、非常に洗練されている印象を受けます。

開設に伴い、イベントの主催者や常設スペースの利用者を広く募集、販売を開始されています。また複数の出展企業が揃った会場を4月にオープンする予定とのことですので、今後展開されるであろうオリジナリティの部分も含め、要注目ですね!

記事元:博報堂DYメディアパートナーズ、4社で事業提携し、VRコンベンションセンター(複合型VRイベント会場)「VRADE」を開設 -PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/11/11追記 NrealLightの一般販売発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年10月26日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-VTuberニュース
-, , , , , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)