VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

バンダイナムコが歌舞伎町に「VR ZONE Shinjuku」オープン! Amazonから新製品!? 3月7日のAR・VR・IoTニュース

更新日:

バンダイナムコ、新宿・歌舞伎町に「VR ZONE Shinjuku」を期間限定で今夏オープン

バンダイナムコエンターテインメントは、最新のVRコンテンツなどが楽しめるエンターテインメント施設「VR ZONE Shinjuku」を、2017年夏から期間限定で新宿・歌舞伎町のTOKYU MILANO跡地にオープンする。

AV Watchより

Project I Canの次の一手!

昨年お台場で期間限定公開していた「VR ZONE Project i Can」で蓄積したノウハウを元に、新たに新宿・歌舞伎町でオープン!というビッグニュースが飛び込んできました。バンダイナムコの擁する様々なコンテンツでリッチな体験が出来そうです。乞うご期待!

Amazon、通話機能が付いた音声アシスタント機器をリリースか!?

今回のリコードが入手した情報によると、アマゾンは前述のAmazon Echoといった既存機器に機能を追加するのではなく、新たな製品として、通話機能付きアシスタント機器を発売したい考えで、同社はすでに検討段階を終えており、今後計画を予定どおりに進めるもようだという。

JBpressより

こちらはあくまで「噂」レベルっぽいのですけど、内容が内容だけに!

出元はrecodeのこの記事

Amazonの音声アシスタントと言えば、昨今話題をかっさらっているAmazon Alexaですが、今回の内容はこれまでに展開している音声アシスタント機能に加え、「通話」機能を付けたアイテムを、早ければ数か月後にも発売するかも!?的なもの。

本当にリリースされればスマートフォンとかではない新たな音声デバイスになりそうですが……、いったいどんなものが出てくるんでしょうね……!

Amazon、世界中の配送センター50カ所で太陽光発電!

amazonからはもう一つ。

 発電した電力は配送センターの内部で消費する。アマゾンは配送センターに各種のロボットを導入して省力化を進めている。カリフォルニア州パターソン市の配送センターでは数百台にのぼる電動ロボットが商品を運搬する。

スマートジャパンより

インターネットインフラはご存知の通り電力で賄われています。

たっくさんのサーバを動かすために必要な電力をどのように供給していくかという取り組みがいろんな形で行われておりまして、昨今はこの電力供給に自然エネルギーをフル活用するのがもっぱらのトレンドです。エコ!(ちょっと言い方が古い)

こちらのGoogleさんも同様の取り組みを実施しているのが記事からよくわかりますね。あと再生可能エネルギーもバンバン活用しているようで、そちらについても言及されています。

限りある資源とのお付き合いはこれからも続いていきます。各社今後の取り組みに注目していきましょう! 省エネ!(もっと古い)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあて、10月17日がやってまいりましたよ! 10月17日がどうしたのって? 決まってるじゃないですか、Windows Mixed Realityが動作可能になる「Windows 10 Fall Cr ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

3

日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマ ...

4

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

-ニュース
-, ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.