ニュース

松竹、ARコンテンツ「Reverse Reality」をリリース。初回は片岡愛之助が登場

松竹株式会社は5日、「未来の観劇体験」をテーマにしたアプリ 『INTO by Shochiku』 、及びそのアプリ内で楽しめるAR歌舞伎コンテンツ『Reverse Reality ~KABUKI Performance "Shakkyo"~』、以下『Reverse Reality』をリリースすることを発表しました。

あの松竹歌舞伎がARコンテンツとして登場!

松竹さんはこれまでにも、カディンチェ株式会社、株式会社侍の3社で2018年5月に設立した「ミエクル株式会社」を通じてXRコンテンツの開発を行うなど、XR展開に果敢にチャレンジしてこられました。歌舞伎の分野でもトライをされておりまして、例えば、2018年末に「永楽町歌舞伎」の360度8Kコンテンツ撮影を敢行されています(上写真)。

今回松竹さんが発表したのは「AR」。オリジナルスマホアプリ「INTO」を通して片岡愛之助さんによる舞(約6分)の映像をARで体験することができるようになっているそうです。

今回のコンテンツ「『Reverse Reality ~KABUKI Performance "Shakkyo"~』」では、伝統芸能・歌舞伎とAR技術を融合させることよって、歌舞伎の新たな楽しみ方を提案する、としています。歌舞伎俳優・片岡愛之助扮する獅子が現れ、目の前で歌舞伎俳優の演技や、蝶・牡丹が舞う空間演出を楽しむことができる、という仕上がりです。

片岡愛之助さん

歌舞伎俳優の表現には「ボリュメトリックキャプチャ技術」を用い、実際の歌舞伎俳優を撮影した映像から3Dデータを生成。なかなかの再現度みたいですよ! 以下アプリ概要!

アプリ概要

[アプリ名]    INTO by Shochiku
[コンテンツ名] 『Reverse Reality ~KABUKI Performance "Shakkyo"~』
[提供開始日]   2021年1月15日(金)予定
[対応]      iOS/iPad OS:13.7以降、 Android:10以降
[料金]            無料
[公式サイト]       https://INTObyShochiku.com
[公式Twitter]  @ReverseReality_

主演:  片岡愛之助
振付:  藤間勘十郎
製作:  松竹株式会社
協力:  mod (sabakichi、番匠カンナ)、カディンチェ株式会社、株式会社HERE.、株式会社AMSY.、
PT.CITRA WAHANA TEKNOLOGI、松竹ショウビズスタジオ株式会社
機材協力:TSUKUMO

お! 番匠カンナさんも参加されてるんですね! 今月中旬には「PC やタブレットで配信される、特別な背景映像と合わせて観劇する楽しみ方」も発表されるそうですので、まずは15日からのアプリリリース、そして今後の発表に期待しましょう!

記事元:片岡愛之助が目の前に登場!時間や場所を問わず「歌舞伎」の観劇体験ができるARコンテンツ -PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/11/11追記 NrealLightの一般販売発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年10月26日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)