ニュース

東大・リコー・ブルーイノベーション、楽天、携帯3大キャリアと「ドローン」の関係。3月16日AR・VR・IoTニュースその2

東京大学・リコー・ブルーイノベーション、ドローンと3D映像を元にして障害物を回避する飛行システムの開発を発表

今回は、ドローンの超広角ステレオカメラによる移動推定に加えて、飛行している経路の3次元地図の生成を同時に行なうようにした。これにより、予定の飛行経路に出現した障害物を検出し、自動で飛びながら障害物も避けられるようにした。

AV Watchより

産学共同プロジェクトとドローンのお話。

AV Watchによりますと、東京大学・リコー・ブルーイノベーションは3月15日、ドローンに積んだ3Dカメラを通して飛行経路の3次元マップを作成し、障害物を検出して自動的に回避する飛行システムを発表しました。詳細はぜひ記事をどうぞ!

ポイントはやっぱり「ステレオカメラの認識をベースに3次元の地図を生成している」ところでしょうか。ドローンに限らず、自動運転に障害物の回避手段は必須とも言っていい課題。その点からも、この試みは大きな成果を生みそうですね。

3月23日から開催される「ジャパン・ドローン2017」でデモンストレーションされるそうですよ!

VR・IoT:ドローン運行管理の新事業、「楽天AirMap」を設立

楽天の虎石貴執行役員は、「ドローンは運輸業や農業への導入の余地が大きく、過疎地域への配達や農薬の散布などへの利用が今後増えるだろう。無人の管制システムによって安全な運用をサポートしたい」と話す。

ITmediaより

楽天と米AirMap社は14日、無人航空機管制(UTM)ソリューションを提供する合弁会社「楽天AirMap株式会社」を設立したことを発表しました。ITmediaさんを始め各メディアが報じています。

UTMは「Unmanned Traffic Management」の略。管轄内におけるドローンの飛行状況を把握、ドローン飛行への承認を自動的に行ったり、運行者への直接連絡がこれで可能となるんだそうです。2017年半ばにはサービスを開始したいとのこと。注目です!

「ドローン」「AI」「IoT」……携帯三大キャリアの取り組み

日経BPさんが取り上げた、携帯キャリア3社の取り組みについて。

NTTドコモ、au、ソフトバンクがドローン・IoT・AIなどについてどのような取り組みを進めているかが詳細に解説されています。ぜひご一読を。

記事内でも取り上げられていた、ソフトバンクコマース&サービス社の「ドローン講習セット」はこちらですね。

こちらの「PHANTOM4PRO+講習セット」は、ドローン本体と初心者講習をセットにしたパッケージ。

DJI製ドローンであります「PHANTOM 4 PRO+」、周辺機器、ソフトバンクコマース&サービス限定プランの賠償責任保険が一つになってまして、出張講習にも対応するんだそうですよ。

2017年3月13日よりサービスが開始されています。お値段は472,000円から。興味がある方はぜひこちらからご相談を!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

その日、取材班はお台場におりました! 11月16-17日、IVRC実行委員会はテレコムセンター(お台場)にて、第27回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2019)決勝大会を開催しま ...

2

その時、我々は両国におりました! いちから株式会社/株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは12月8日、両国国技館にて「Virtual to LIVE in 両国国技館」を開催しました。 今回、 ...

3

バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAと田中工務店は9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催し ...

4

【続報3・21:40時点】iTunesアルバムランキング(総合)、Jポップ部門、共に[第2位]にランクイン!あと少し。あと少し!!#MZM pic.twitter.com/QxTO85FdGW &md ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2020 All Rights Reserved.