©Linden Lab. CC BY-NC-SA 2.0

コラム

VRプラットフォーム「Sansar」(サンサール)を試してみたその2 いったいSansarって何だ?

©Linden Lab. CC BY-NC-SA 2.0

いやー、綺麗ですね………。

セカンドライフの次の一手! Linden Labが手掛けるソーシャルVRプラットフォーム「Sansar」クリエイトベータを早速試してみた

©Linden Lab. 「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 L ...

セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが8月2日にクリエートベータという形で公開した、ソーシャルVRプラットフォーム「Sansar」。前回はアカウントを作って実際にSansarの中を体験するところまでをご紹介しました。

とはいえ、ご紹介しただけですからもっとその「凄さ」をお伝えしないと! ということで連載の2回目は、Sansarに参加しているクリエイターが競い合うようにして制作を続けている素晴らしいVR空間をいくつかご紹介することとしましょう。

Sansarは「VR版のYouTubeみたいなもの」

その前に、Sansarっていったいなにを目指してるの? 的なお話をしてみましょうか。

Sansarを作ったLinden Labと言えば「セカンドライフ」です。3Dの空間で自分の代わりとなる「アバター」を操作して、買い物したりコミュニケーションしたりと、仮想空間の中で別の生活を送る……というコンセプトでした。しかし、今回のSansarはそうではないと言います。

米メディアのインタビューにて、リンデンラボCEOのアルトバーグさんがこんな感じに答えています。「Sansarは、VR空間をユーザーが簡単に作れるようにして、さらにその空間を他の人と共有するために作りました。だれかのYouTubeの動画を見たい時に、YouTubeへアクセスして検索して、その動画へたどりつくのと同じようにね。」と。

つまり、VR空間の中で仮想生活を送るんではなくて、自分のVRを他の人にも提供するプラットフォームとしてSansarが作られているんですね。

だから、ここは3D系空間クリエーターにとっては腕の見せ所! というわけ。現在もたくさんのVR空間が生まれ続けている、というわけです。

VRon的オススメVR空間

じゃ! 早速見てみましょう。リンデンラボではSansarで制作しているクリエーターをYouTube動画で紹介していますので、その一部をご紹介します。

まずはLoz Hydeさん。Sansarのチャンネルでトップの再生数。緻密な空間を作っている様子が紹介されていますよ。

こちらはriaさん。女性クリエーターならではのコンセプトがびしっと決まっております。グロ可愛い的な!

最後はDavid Hallさん。最近公開された動画ですがまあすごいです! 緻密な空間を行き来するアバター。そしてそのアバターの目の奥には実際のユーザーがいて、的なことの凄さが、作りこまれたVR空間と共に紹介されています。

今後は「実際にVR空間を作ってみる」!?

というわけで、本日はここまで。次回は実際にSansar上でVR空間を作ってみる、という暴挙に出てみようと思います。アイキャッチ画像はその予告みたいなもの。弊社のメンバーが今試行錯誤している最中ですので、その模様も含めて少しずつご紹介していこうかなと! お楽しみに!

 

Thanks for Lniden Lab "Sansar" PR Team!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-コラム
-, ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)