©Linden Lab.

コラム

セカンドライフの次の一手! Linden Labが手掛けるソーシャルVRプラットフォーム「Sansar」クリエイトベータを早速試してみた

2017年8月3日

©Linden Lab.

セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。

Linden Labがセカンドライフに続く「次の章」として位置付けていたのが「Project Sansar」こと、今回のSansarです。もとより「スキルのありなしに関係なく、誰でもローコストでVRコンテンツを作れる」プラットフォームとして開発されておりまして、クローズドベータテストが続けられておりました。そして今回いよいよ一般の人でも触れるレベルまでキター!というわけ。

というわけで、さっそくインストールして試してみましたよ!

アカウント作成

まず、上の画像にあります「JOIN CREATOR BETA」をクリックしてアカウントを作っちゃいましょう(アカウント作成は無料)。

このあと登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、そちらから認証すればアカウント作成完了です!

クライアントソフトのダウンロード

アカウントを作成したら、つづいてクライアントソフトをダウンロードします。動作のための推奨スペックは以下の通り。

  • OS:Windows 7 SP1 以上
  • CPU:Intel i5-4590以上
  • メモリ:8GB以上
  • ビデオカード:NVIDIA GTX 970以上
  • インターネット回線:10Mbps以上推奨、 最低5Mbpsが必須
  • VRビューについて:SansarをHTC Viveで見る場合はSteam VRのインストールが必要。Oculus Riftで見る場合はOculus Riftのパソコン使用要件を満たす必要あり。
  • オーディオ:ハイクオリティなヘッドホンの着用を推奨。マイクがあればボイスチャットが可能に。
  • その他: HDMI 1.3 / USB 3.0×2(Oculus / Vive接続用)
  • 対応ゲームパッド:Xbox One / Xbox 360

ダウンロードが完了したら、早速起動してみましょう! あ、もちろんOculus / HTC Viveをお持ちの方はそちらのセッティングも忘れずに!

ログインから、いよいよ「ATLAS」へ

アップデートが終わりますと、いよいよ…

電子メールアドレスとパスワードを入力して、いざログイン!

まずは自分のアバターをカスタマイズします。すぐに試したい人はプリセットで用意されているアバターを使うのも良し、はじめっからゴリゴリと作りこんじゃうのもアリ。ここらへんはセカンドライフと同様にアバターアイテムの販売とかもできるようになるみたいですね! できたら右下の「DONE」をクリック。すると……

「ATLAS」という画面が現れます。

ここに表示されている一つ一つの空間が、アカウントを持つ参加者によって個別に作られたものなんですね。各空間の右下にある「VISIT」をクリックすることで、その空間へ入り込むことができます。

入れました! XBoxのコントローラーやOculus Touchなどを使用して、各クリエーターが作った空間を自由に動けるというわけです。

3D空間をVR体験!

で、でで、ここからが真骨頂! 画面右上に注目してください!

下から2番目の「VRモード」をONにすると……(要Oculus Rift / HTC Vive)

©Linden Lab. CC BY-NC-SA 2.0

こーんな空間をVRゴーグル経由で歩き回れちゃうんです! もちろん360度3D! しかも、音声も360度バイノーラルに対応しているので、ぐるぐる回るとさらに臨場感と没入感ががが!!!

マイクも設置すると、マイクの音声をフィードバックしてアバターの口がしゃべるようにもなるんだそうです!(まだマイクは試してません) もちろん、同じ空間にいるアバターとボイスチャットすることも可能でございまして、まさに「ソーシャルVRプラットフォーム」たる所以ですね!

まだ「ベータ」段階、がゆえに可能性は無限大

すでにSansar内の仮想通貨「S$」も実装されていまして、SandeXという取引所も稼働を始めています。いよいよ、いよいよ、セカンドライフが何倍にも進化した状態でVRへと殴り込みをかけてきてる感じがビンビンします! オリジナルの空間を作って入場料を取るのも良し、コントローラーを駆使したサービスを展開するもよし……と、その可能性は無限大です。

VRonではこのSansarに関する話題もお送りしてまいります。正式サービスインするころには、どんな進化を見せているのやら……! 今後の展開をどうぞお楽しみに~!

つづき:

VRプラットフォーム「Sansar」(サンサール)を試してみたその2 いったいSansarって何だ?

©Linden Lab. CC BY-NC-SA 2.0 いやー、綺麗ですね………。 「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが8月2日にクリエートベータという形で公開した、ソーシャルV ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

その日、取材班はお台場におりました! 11月16-17日、IVRC実行委員会はテレコムセンター(お台場)にて、第27回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2019)決勝大会を開催しま ...

2

その時、我々は両国におりました! いちから株式会社/株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは12月8日、両国国技館にて「Virtual to LIVE in 両国国技館」を開催しました。 今回、 ...

3

バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAと田中工務店は9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催し ...

4

【続報3・21:40時点】iTunesアルバムランキング(総合)、Jポップ部門、共に[第2位]にランクイン!あと少し。あと少し!!#MZM pic.twitter.com/QxTO85FdGW &md ...

-コラム
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2020 All Rights Reserved.