エレコム、iPhone/Androidスマホに対応したVR・ARアプリ専用コントローラを発表。10月下旬より発売

投稿日:

エレコム株式会社(大阪市中央区)は2日、マルチプラットフォームを採用したAR・VRアプリ専用コントローラ「JC-VRR02VBK」を、10月下旬より発売することを発表しました。

ワンダーリーグ「VROOM」に対応した、iOS / Android対応の6軸コントローラ

「JC-VRR02VBK」は、スマホのAR・VRアプリの操作向けに開発されたモーションコントローラ。本製品のプラットフォームには株式会社ワンダーリーグ(東京都渋谷区)の「VROOM」を採用しています。

本体に搭載されているのは、2軸(X・Y)のアナログスティック、6軸のモーションセンサー(加速度、ジャイロ)と、6つのボタン。本体サイズは149×89×46mm、重量は本体のみで約56g。単4アルカリ電池2本で約75時間駆動するというスペックです。接続はBlueTooth。

また、ワンダーリーグさんの「VROOM」がすでにiOSの「ARKit」に対応している他、今後Androidの「ARCore」にも対応予定ということで、VRだけでなくARコントローラとしても機能するのが大きな特徴です。

また、1台のスマホにコントローラを2台同時に登録できるので、両手にコントローラを持って使用するアプリも作れちゃいますよ!

11月にはARkitに対応したゲームアプリの配信も予定

すでにVROOMの開発キットであります「ヴルームSDK」も用意されているので、ゲーム開発もバッチリOK。2017年11月には、iOS11のARkitに対応したゲームアプリ2本をApp Storeにて配信する予定とのことです。

ヴルームSDK対応のアプリがこれからどれだけリリースされるかが焦点になってきそうですが、アプリ制作企業として

  • ワンダーリーグ
  • メガハウス
  • Sony Digital Entertainment
  • BLUE PRINT
  • ダズル
  • SAT-BOX
  • インタラクティブブレインズ
  • UPPERIDGE
  • VR IMAGINATORS
  • Zinossoft
  • Gugenka
  • EXPVR
  • x10studio

の参画が発表されていますので、期待が持てそうです! 気になるお値段は、本体価格6,740円(税込価格7,279円)。まずは今後のリリース情報に注目ですね!

記事元:「誰でも簡単に使える・作れる」マルチプラットフォーム iPhone/Androidに接続するだけで没入体験ができる ヴルーム対応AR・VRアプリ専用コントローラを発売 -ELECOMプレスリリース

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあて、10月17日がやってまいりましたよ! 10月17日がどうしたのって? 決まってるじゃないですか、Windows Mixed Realityが動作可能になる「Windows 10 Fall Cr ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

3

日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマ ...

4

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.