Copyright© 2011-2017 SAMSUNG All Rights Reserved.

ニュース

Samsung、17台のカメラを内蔵した360度カメラ「360 Round」を発表。今月に米国で発売

突然のビッグサプライズです!

韓国のSamsungはアメリカ時間で18日、サンフランシスコで開催された「Samsung Developer Conference(SDC 2017)」において、360度VRカメラ「360 Round」を発表しました。

17個のカメラで4K+3Dライブストリーミングが可能

同時に発表されたプレスリリースによりますと、水平に2つずつ8組+天井部分に垂直配置されら1つのカメラを備えておりまして4K画質のの3D映像と空間オーディオをライブストリーミング可能、としています。マイクのポートも2つ用意されているとか!

内部メモリ10GB+40GBストレージを備えるほか、256GBまでのSDカードと2TBまでのSSDを外付けすることができるそう。重さ1.93kgと軽量化が図られておりまして、かつファンレス・ジャイロセンサー・加速度計搭載、さらに防塵・防水にも対応(IP65)しているとのことで、屋外での撮影や配信、つまりモバイルユースも想定したスペックであることがうかがえますね!

気になるリリースは今月中にアメリカで。価格は現時点で未発表

2つのPCソフトウェア(カメラ制御/ストリーミングとコンテンツ表示用)も付属するのですが、かなり大きなデータになるんでしょうか、要求されるビデオ編集・配信用PCの最低スペックがかなりお高めでございます。ザックリ書くと「Oculus Ready PC」以上のスペックが必要な感じ。

配信もするとなるとメモリ64GB以上、グラフィックカードもGTX1080Tiの2枚刺しを必要とするなど、ハードルはさらに高くなりますね。詳細はプレスリリースをご参照ください。

発売の詳細は「10月にアメリカで先行発売します」だけ。価格も現時点ではアナウンスされておりません。スペック的にはかなりハイエンドな感じで、カメラの数からしてもGoogle Jumpをほうふつとさせますが、そのくせしてモバイルユースに寄った点も多く、多くの謎を秘めております。

果たして日本にもやってくるのか、そして肝心のお値段は!? 続報を待ちましょう!

(14:35追記)

あれからいろいろ調べてみたのですが、今回の製品はSamsungが2014年に発表した「Project Beyond」の流れによって生まれたものなのではないか、との言及が各所でされていますね。そういやそんなのあったなー!

このプロジェクトは、17個のレンズを搭載したカメラで360度3D撮影を実現し、Gear VRにて「その場にいるような」体験を提供する、というものでした。カメラの配置も似てるし、あながち間違ってないかもね!

Copyright© 2011-2017 SAMSUNG All Rights Reserved.

記事元:Experience Samsung 360 Round, a High-Quality Camera for Creating and Livestreaming 3D Content for Virtual Reality (VR) -Samsung Press Release

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

2

さあ、ソニーの本気が徐々にその姿を表してまいりました! ソニーは18日、PlayStation 5向けに開発されている次世代「PlayStation VR」システムの新しいコントローラを公開しました。 ...

3

【重大発表(1)】2021/2/17(水)東京ガーデンシアターhololive IDOL PROJECT 1st Live.『Bloom,』開催決定! 視聴🎫発売 & 会場来場🎫1次先行受付開 ...

-ニュース
-, , , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)