Copyright© 2011-2017 SAMSUNG All Rights Reserved.

ニュース

Samsung、17台のカメラを内蔵した360度カメラ「360 Round」を発表。今月に米国で発売

突然のビッグサプライズです!

韓国のSamsungはアメリカ時間で18日、サンフランシスコで開催された「Samsung Developer Conference(SDC 2017)」において、360度VRカメラ「360 Round」を発表しました。

17個のカメラで4K+3Dライブストリーミングが可能

同時に発表されたプレスリリースによりますと、水平に2つずつ8組+天井部分に垂直配置されら1つのカメラを備えておりまして4K画質のの3D映像と空間オーディオをライブストリーミング可能、としています。マイクのポートも2つ用意されているとか!

内部メモリ10GB+40GBストレージを備えるほか、256GBまでのSDカードと2TBまでのSSDを外付けすることができるそう。重さ1.93kgと軽量化が図られておりまして、かつファンレス・ジャイロセンサー・加速度計搭載、さらに防塵・防水にも対応(IP65)しているとのことで、屋外での撮影や配信、つまりモバイルユースも想定したスペックであることがうかがえますね!

気になるリリースは今月中にアメリカで。価格は現時点で未発表

2つのPCソフトウェア(カメラ制御/ストリーミングとコンテンツ表示用)も付属するのですが、かなり大きなデータになるんでしょうか、要求されるビデオ編集・配信用PCの最低スペックがかなりお高めでございます。ザックリ書くと「Oculus Ready PC」以上のスペックが必要な感じ。

配信もするとなるとメモリ64GB以上、グラフィックカードもGTX1080Tiの2枚刺しを必要とするなど、ハードルはさらに高くなりますね。詳細はプレスリリースをご参照ください。

発売の詳細は「10月にアメリカで先行発売します」だけ。価格も現時点ではアナウンスされておりません。スペック的にはかなりハイエンドな感じで、カメラの数からしてもGoogle Jumpをほうふつとさせますが、そのくせしてモバイルユースに寄った点も多く、多くの謎を秘めております。

果たして日本にもやってくるのか、そして肝心のお値段は!? 続報を待ちましょう!

(14:35追記)

あれからいろいろ調べてみたのですが、今回の製品はSamsungが2014年に発表した「Project Beyond」の流れによって生まれたものなのではないか、との言及が各所でされていますね。そういやそんなのあったなー!

このプロジェクトは、17個のレンズを搭載したカメラで360度3D撮影を実現し、Gear VRにて「その場にいるような」体験を提供する、というものでした。カメラの配置も似てるし、あながち間違ってないかもね!

Copyright© 2011-2017 SAMSUNG All Rights Reserved.

記事元:Experience Samsung 360 Round, a High-Quality Camera for Creating and Livestreaming 3D Content for Virtual Reality (VR) -Samsung Press Release

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-ニュース
-, , , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)