VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

サナリス、A4・B5チラシがVRゴーグルになる『サナリスVRシート』シリーズ第3弾を発表、 単・双眼両方の視聴に対応

投稿日:

株式会社サナリス(東京都目黒区)は7日、今年の11月9日(木)より、スマートフォン向けVRゴーグル「サナリスVRシート」シリーズの第3弾となる『サナリスVRシートW』を発売することを発表しました。

チラシがそのままVRゴーグルになる人気シリーズの新バージョン

「サナリスVRシート」は、素材を厚紙製(1mm厚)を厳選したB5サイズ~A4サイズのシートをVRゴーグルに組み立て、スマホをセットするとVR映像が見られるという製品です。

現在このシリーズで一番人気は、今年8月に発売されたシリーズ最薄最安の『サナリスVRシート フェザー』。これですね。

企業などの販促、商品紹介などをシート自体でも訴求できる次世代の簡易VRデバイスとして好評ですが、この一年、単眼も需要が多くあります。

用途に応じて単眼・双眼を使い分けることができる新機構を採用

今回発表された新製品『サナリスVRシートW』では、通常二枚折りでA4サイズ状態、広げるとA3サイズの一枚板になっており、片面4Cで全面にデザインを施せます。素材は1mm厚のコートボール紙。

子どもでも簡単に組み立てられるシンプルな構造で、レンズプレートを差し替えるだけで単眼・複眼の両パターンに変形可能な構造になっているのが大きな特徴で、これにより対象年齢に制限されないイベント等での配布にも活用できるとのこと。なるほどねー!

お値段はあくまでBtoBベースですが「1,000部制作で単価540円、5,000部制作で単価320円」と発表されています。

樹脂製「ボックス」ならフルカスタムオーダーも可能、あの「HADO」公式ゴーグルもサナリス製!

こちらのサナリスさん、紙製ゴーグルだけでなく、樹脂製VRゴーグルの展開もされています。それが『サナリスVRボックス』シリーズ。

こちらではオリジナルの『サナリスVRボックスフルオーダー』サービスを行っているんだそうですがが「大変好評」とのことで、単眼用も新たにラインナップに加えたとのこと。有名どころではテクノスポーツで有名な 「HADO(株式会社meleap)」の公式ゴーグルに採用されてるんですね! へー!

フルオーダーは各モデルとも10個から。レンズもアクリルレンズを選べるとかかなりのカスタマイズが可能だそうですよ! 詳細は以下のサイトからどうぞ!

<商品販売サイト>
店舗名: 富技術研究室(株式会社サナリス)
販売サイトURL(Yahoo! ショッピング内):http://store.shopping.yahoo.co.jp/tom-giken/
公式商品紹介サイト: http://www.snaris.com/vr/

記事元:A4及びB5チラシがVRゴーグルになるシリーズ第3弾、 単・双眼両方OKな『サナリスVRシート W』発売! -@Press

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあて、10月17日がやってまいりましたよ! 10月17日がどうしたのって? 決まってるじゃないですか、Windows Mixed Realityが動作可能になる「Windows 10 Fall Cr ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

3

日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマ ...

4

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.