ニュース

コンテンツ東京2018に行って、VR/AR/MRの最先端を見てきました!(その6・minima VR)

4月4日から6日にかけて東京ビッグサイトにて開催されました「コンテンツ東京 2018」内の展覧会「先端デジタルテクノロジー展」、取材させて頂いた出展社さんをご紹介しております。

本日はこちらです!

前野段ボール株式会社「minima VR

前野段ボールさんが制作されているのが、段ボール製VRゴーグル「minima VR」です。

非常にコンパクトなサイズなのはもちろんのこと、A4・ハガキの2種類のサイズがベースになっていて、ノベルティなどの大量生産体制が整っているのが大きな特徴です。

こちらがA4サイズ。

で、こちらがはがきサイズ。とってもコンパクトで、持ち運びもラクチンですね! 重さは僅か20グラムで、郵送することも可能になっています。

はがきサイズの方については、

QRコードを使ったスマートフォンとタブレット向けのコンテンツ配信サービス「テイクアウトライブ(株式会社ティーオーエア)」とのコラボレーションモデルになっておりました。音楽ライブやファンクラブなどでのノベルティ展開を視野に入れたサービスになっているとのこと。

その他に当日のブースでは、イベントなどで撮影した360度写真や動画をすぐに印刷して、VRゴーグルと一緒に持ち帰ることのできる「minima MESSAGE VR(企画開発 合同会社ジーン)」の紹介や、新しいVRの楽しみ方として、ボードゲーム(盤上遊戯製作所)を組み合わせた開発中のコンテンツの展示も行われていました。

簡易VRゴーグルの展開は、「気軽にVR体験ができます」という簡便性だけではなく、様々な付加価値を付けたソリューションが増えつつあります。そんな中、minima VRさんの「安い」「軽い」「手軽」「小さい」と四拍子揃ったプロダクトは今回の出展社の中でも一歩際立っていた印象です。今後も様々なコラボレーションをしていきたい、とのことですので、これからの展開に期待ですね!

次回はコンテンツ東京2018最終回、今回お邪魔した出展社さんの写真をダイジェストでお伝えします。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-ニュース
-, , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)