コラム ニュース

アジア最大級の国際短編映画祭 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」へ行って、VR映画部門受賞発表の瞬間に立ち会ってきました!

投稿日:

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は17日、東京・明治神宮会館におきまして「アワードセレモニー」および「レッドカーペットイベント」を開催しました。

今回の2018年から国内映画祭初のVR部門「VR SHORTS」を新設した他、自動車ブランド「LEXUS」が協賛した「LEXUS VR FILM AWARD」が発表されるとありまして、取材に行って参りました!

まずは本映画祭の概要をご紹介しましょうね。

「ショートフィルム」とは、長いものでも30分前後、短いものはわずか1分ほどの映画作品。SSFF & ASIA のオフィシャルコンペティションでは25分以内の作品が公募の条件です。ショートフィルムは若手映像作家が力を養うためのフォーマットであり、この映画祭はまさにその登竜門であるといえます。

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会の会員でもある別所哲也さんを創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で始まりました。2001年に「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と改称、また2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定されたことで、映画祭のグランプリ作品が次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考に入ることになります。

そして同じく2004年、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から東京都との共催で始まったのが、この「ショートショート フィルム フェスティバル アジア」です。

今年で20周年! レッドカーペットからすでに豪華すぎる方たちが勢ぞろい

というわけで、今年は1999年からちょうど20年目にあたるということで、20周年記念映画祭として開催されました。まずはレッドカーペットの模様から。

実行委員会委員長の別所哲也さんと、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoさん。SSFFではもうおなじみの顔ぶれですね。

当日のMCを務められました、堀潤さんと望月理恵さん。イケメン&お麗しい!

  

各部門の審査員の皆さん。メンツが凄すぎる! サニー千葉! しょこたん! 樋口真嗣監督!(そのチョイスはどこからくるのか)

  

登壇者の方々や来賓・出演者の方々(ごく一部)。なんかアレですね、皆さんの写真を並べると、ウチが映画ニュースサイトみたいに見えますね!

そして極めつけは、小池百合子東京都知事のご登場。コチラの映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は東京都との共催で行われておりまして、メインアワードとなります「ジョージ・ルーカス アワード」のうち、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門の副賞として「東京都知事賞」が用意されているほどであります。

アワードセレモニーがスタート。「VR部門」は果たして誰の手に!?

さて、いよいよセレモニーがスタートしましたよ!

まずはメインアワードであります「ジョージ・ルーカス アワード」から。優秀賞を受賞したのは……

  • 『THE ANCESTOR』
    小原正至 / 17:45 / 日本 / アニメーション / 2017
  • 『カトンプールでの最後の日』
    (Benjamin‘s Last Day At Katong Swimming Complex)
    イーウェイ・チャイ/15:19/シンガポール/ドラマ/2017
  • 『不思議なヤギ』(MAGIC ALPS)
    アンドレーア・ブルーザ & マルコ・スコトゥッツィ / 14:44
    イタリア / ドラマ / 2018

左から、小原正至監督、イーウェイ・チャイ監督、マルコ・スコトゥッツィ監督。この中から1作品が大賞となります「ジョージ・ルーカス アワード」に選ばれることになります。

 

その後「学生部門」「ひかりTVアワード」などの受賞が行われ、いよいよVRon本命の2つの賞が発表されます!

VR SHORTS 優秀賞 『Kinoscope』 フィリップ・コラン & クレモン・レオタール(フランス)

VR SHORTS優秀賞を受賞したのは、フランスのフィリップ・コランさん、クレモン・レオタールのお二人が手掛けられた「Kinoscope」。実際の動画がgoogleによって公開されております。

活気溢れる鮮やかな世界で映画の歴史を、360度VRアニメーションで体験できる作品です。ナレーションは『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』でプロダクションデザイナーを務めた、ディーン・タヴォウラリスさんが担当しています。

受賞理由として、「ストーリーがしっかりあり、実写では体験できない「映画」の歴史をVRならではのファンタジーな世界観に浸かりながら体験することができる。ショートフィルムの映画祭として初のVR部門優秀賞を与えるにふさわしい内容」とのことです。

LEXUS VR FILM AWARD 『Sanctuaries of Silence』アダム・ロフトン & エマニュエル・ヴォーン=リー(アメリカ)

VR SHORTSノミネート作品の中からもっとも五感を刺激し「ワクワク」が感じられるVR作品に贈られる「LEXUS VR FILM AWARD」を受賞したのは、アメリカのアダム・ロフトンさん、エマニュエル・ヴォーン=リーさんのお二人による「Sanctuaries of Silence」。ニューヨークタイムズのサイトでその一部が公開されています。

『「静寂」は絶滅寸前であり、地球の片隅さえも騒音公害に影響されている』と言う音響生態学者のゴードン・ヘンプトンさんと共に、北アメリカで最も静かとされているオリンピック国立公園へ、音の冒険に出かけよう……という内容になっています。

「VR SHORTS」「LEXUS VR FILM AWARD」では、LEXUSの沖野和雄さん(上写真左)、そして現在公開中のスティーヴン・スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」に唯一の日本人俳優として出演した森崎ウィンさんがプレゼンターとして登場しました(上写真右)。VR作品についての質問を受けると、ウィンさんが

「俳優の立場からすると、360度ってなると本当に気が抜けなくなっちゃいそうですね。レディ・プレイヤー1を通じてVRの凄さを体感したこともあって、VRにはすごく期待しています!」

とコメント。また、本映画祭代表を務める別所哲也さん(上写真真ん中)は

「どの作品も、どう五感に訴えるかが大事ですが、ストーリーの世界観を360度体験できるVR作品は、自分がどう受け止めるかが重要で、面白い部分だと思います。1人1人への伝わり方が変わりますね。」

とコメントされてましたよー!

いよいよグランプリ発表。アカデミー賞への切符を手にしたのはどの作品なのか……!?

その他各賞の発表が終わった後、いよいよ、栄えある「ジョージ・ルーカス アワード」が発表されます!(ドキドキ)

受賞したのは……

イーウェイ・チャイ監督の『カトンプールでの最後の日』が受賞しました! おめでとうございます!

嬉しそうな笑顔で高々とトロフィーを掲げていらっしゃったのがとっても印象的でした。

こうして、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は無事に幕が閉じました。いやー、素晴らしいセレモニーでございました!

VR SHORTSに応募された作品などが現在も絶賛上映中。6月25日までの期間限定。急げ!

さて、今回のVR部門の新設を記念して5月25日(金)~6月25日(月)の日程で、LEXUS のブランド活動発信拠点である 「INTERSECT BY LEXUS - TOKYO(南青山)」にて上映会を実施されています。ヴェネチア国際映画祭 2017 VR 部門を始め、 2017 年各国の映画祭で VR 部門賞を獲得した話題の作品「The Dream Collector」と、ベルリン国際短編映画祭 2017にて上映された「Time Out 360」を上映中です。

The Dream Collector

The Dream Collector

また、2018年3月に新たに日比谷にオープンしたLEXUSの新たなブランド体験型施設「LEXUS MEETS...(日比谷)」では、 昨日6月17日(日)から24日(日)まで、「LEXUS VR FILM AWARD」受賞作を含むVRショートフィルム13作品の上映が始まっています。

視聴用のVRデバイスとして、360度部門にてLenovoの「Mirage Solo」が使用されているのは以前もご紹介した通り。

レノボ、スタンドアローン型VRヘッドセット「Mirage Solo」日本での予約開始を発表。5月11日リリース

レノボ・ジャパン株式会社は24日、スタンドアローン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」(以下Mirage Solo)を正式に発表、昨日より日本での予約 ...

続きを見る

インタラクティブ部門ではOculus Riftが用意されています。あの「Henry」も上映されますよ!

Oculus、エミー賞を受賞したVRアニメ「Henry」をOculus Go / Gear VR向けに無料公開開始

Oculusは12日、同社が制作したVRアニメ「Henry」を、Oculus Go・Gear VR向けに無料で配信を開始しました。 あのエミー賞を受賞、イライジャ・ウッドのナレーションで送る傑作アニメ ...

続きを見る

詳しい上映演目や利用方法などについては、下記のSSFF公式サイトの紹介ページをご覧ください!

http://www.shortshorts.org/2018/ja/program/vr360-1.php

各会場の概要はこちらです!

INTERSECT BY LEXUS - TOKYO

東京都港区南青山 4-21-26
*東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅 A4/A5 出口より徒歩 3 分

営業時間:1F CAFÉ SHOP & GARAGE:9:00-23:00 2F BISTRO LOUNGE:11:00-23:00(不定休)
オフィシャルサイト:www.intersect-by-lexus.com/tokyo

LEXUS MEETS...

東京都千代田区有楽町 1-1-2
*東京メトロ千代田線・日比谷線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結

営業時間:STEER AND RING(BOUTIQUE) :11:00-21:00(不定休) / THE SPINDLE(CAFE):11:00-23:00(月~土)、11:00-22:00(日・祝) (不定休)
オフィシャルサイト:https://lexustokyo.jp/lexusmeets

今回のセレモニーにお邪魔して強く感じたのは、ショートフィルムというメディアとVRの親和性ってとっても高いんじゃないかな、ということでした。

もともと短い映像から始まったVRと、「短さ」を武器にして様々な表現手段として可能性を広げ続けているショートフィルム。おそらくはこの「短い、ということが当たり前なメディア」という共通点に、VRとショートフィルムの可能性が詰まっているような気がするんです。だからこそ、今年VRのアワードが設立されたのは必然なのかな、とも思いました。

今後のSSFF&ASIAさん、そしてLEXUSさんのVRへの取り組みにぜひぜひ注目していきたいところです!

協力:レクサス ショート フィルムズPR事務局

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

3

【2018年7月19日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

-コラム, ニュース
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.