ニュース

本日より東京ビッグサイトにて「日本ものづくりワールド」が開催。明日取材に行ってきます!

更新日:

リード エグジビションジャパン株式会社は本日2019年2月6日(水)から2月8日(金)までの3日間、「第30回日本ものづくりワールド」内にて「第27回3D&バーチャルリアリティ展」を開催します (於:東京ビッグサイト)。

昨年6月にもお邪魔した「ものづくり」目線からの3D / VRビジネス展、今年は2月開催!

「第26回 3D&バーチャル リアリティ展」に行って、3DとVR技術の最前線を見てきました!(その1・株式会社ビーライズ)

昨日6月20日から22日まで、東京ビッグサイトにて開催されております「第26回3D&バーチャルリアリティ展」、本日取材に行って参りました! 前回取材しました「コンテンツ東京」の「先端デジタルテ ...

続きを見る

「コンテンツ東京」など、複数の展示会を一つにした、いわば「大規模展示会コンプレックス」ともいうべきイベントを主宰しているのが「リード エグジビション ジャパン」さん。1年を通して様々な展示会を催されているのですが、例年6月に開催され、VRonも昨年取材にお邪魔させていただきました「日本ものづくりワールド」が、今年は本日から東京ビッグサイトにて行われております。

日本ものづくりワールド」は、製造業の短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウンといった、その名の通り「ものづくり」がメインテーマです。今回は以下の7つの展示が同時に開催されますよ。

  • 第30回 設計・製造ソリューション展(DMS)
  • 第23回 機械要素技術展(M-Tech)
  • 第27回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR)
  • 第1回 ものづくりAI/IoT展
  • 第1回 次世代3Dプリンタ展
  • 第1回 航空・宇宙機器 開発展(AeroTech)
  • 第1回 工場設備・備品展(FacTex)

この「日本ものづくりワールド」内にて行われているのが「3D&バーチャル リアリティ展」で、今年で27回目。今では不動産の内見や教育・医療現場での人材育成、製造現場では作業の疑似体験ができる等、幅広い分野で活用が進んでいるVRや3Dの技術を「ものづくり」の視点で集結させているのが本展です。

コンテンツ東京が「コンテンツとしてのVR・AR・AI」という側面を強調していたのに対し、こちらはあくまで「技術・ものづくり」「製造・産業」という側面が強い展示内容になっているのが大きなポイント。

本年度の「日本ものづくりワールド」は初出展420社を加え、計1,530社が出展しているそうで、まさに日本最大級の”ものづくり専門展”となります。

今回特に大きな特徴となっているのが、新たに4つの展示会が組まれていることでしょう。なんと言ってもVRon的には……

  • 第1回 ものづくりAI/IoT展
  • 第1回 次世代3Dプリンタ展

この2つの展示もとーっても気になっております! 「3D&バーチャルリアリティ展」も含め、ぜひとも注目していきたいところです。

主な出展社を駆け足でご紹介。あの日本国産VRゴーグルも登場!

では、今回出展されております企業のうち、VRon的に注目している皆さまを駆け足でご紹介しますよ! まずはこちら!

株式会社ジャパンディスプレイ

まずは液晶ディスプレイ製作メーカーとして名高いジャパンディスプレイさん(【小間番号】 西2-48)。昨年末に発表されたばかりのVRHMD「VRM-100」を引っさげてのご登場です!

「VRM-100」はPC接続型のHMD(GTX1060シリーズ以上のグラボ必須)です。3K解像度(1440x1660ピクセルx2)で600dpiオーバー、2画面・3DoFのVRモニターとして作られているのが最大の特徴で、付属のゴーグルに取り付けて使用します。

お値段49,800円(税抜)。企業・団体向けのリリースでコンシューマ向けの販売は行われていませんが、高精細の部分でかなりこだわった作りになっているそうです。スクリーンドアエフェクトなどの具合がどうなっているのか、見てみたかったんですよねー!

株式会社クリーク・アンド・リバー社

C&R社ブースに出演予定のせきぐちあいみさん

例年「コンテンツ東京」「Inter BEE」などで取材させていただいているクリーク・アンド・リバーさん(小間番号:西4-53)、今年はこちらにも出展されますよー。

今回は同社におけるVR / ARに関する実績などのご紹介がメインになるそうです。また、オリジナルシステムである「VR遠隔教育通信システム」、教育・訓練用のVRコンテンツをクライアント自身が作成可能なオーサリングサービス「ファストVR」の展示も行われるとのこと。

さらに、今回はVRアーティスト「せきぐちあいみ」さんが出演されます。へええ! せきぐちさん、クリーク・アンド・リバーさん所属なんですねー!

昨年出展されていた「IDEALENS K3」などの続報とかも確認したいところ。もちろん、バッチリ取材しに行きますよ!

株式会社ビーライズ

ビーライズ、「第26回3D&バーチャルリアリティ展」にて視野角210度HMD「StarVR」を使用した展示を公開

株式会社ビーライズは14日、6月20日から22日まで東京ビッグサイトで開催されます「第26回3D&バーチャルリアリティ展」(ブース番号:東8ホール 東5-15)へ出展することを発表、展示内容の ...

続きを見る

最後は、昨年大変お世話になりました株式会社ビーライズさん(小間番号:西1‐73)。今回は「VR安全シミュレータ」シリーズパッケージ化の第1弾となります「フォークリフト『接触事故編』」を展示されます!

VR安全シミュレータシリーズ」は、「VRで「座学」から「体験する」学習へ」をコンセプトに同社が開発制作しているVRコンテンツです。

広島市産業振興センターの新成長ビジネス事業化支援事業を活用して事業化を行っている他、VRデバイスの開発を地元広島の大学と共同で行うなど、「産学政一体」のVRソリューション開発を得意としているビーライズさん。今回初めてコンテンツの「パッケージ販売」をされるということで、その第一弾として先月末にサイバネットシステムさんからリリースされたのがこちらの「接触事故編」なんですね。

これまでの取材でもこちらの「フォークリフト」体験を提供されていたビーライズさん、今回はどんなスタイルになるのでしょうか?

というわけで、明日2月7日、VRonは東京ビッグサイトへ行ってまいります! 明日はダイジェストをお届けしますので、お楽しみにー!

情報提供:リード エグジビション ジャパン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / VRヘッドセット / VRゴーグル」が販売または配布されていますが、これらをザッと ...

2

【2019年10月9日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.