ニュース

Insta360 / SoftBank、360度 / VR180撮影に両対応したVRカメラ「insta360 EVO」を発表、4月12日より発売

投稿日:

SB C&S株式会社(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)は14日、Arashi Visionが13日に発表した180度3D撮影も可能な360度カメラ「Insta360 EVO」の国内販売を開始することを発表しました。

Insta360の新たなる一手は「360度 / 180度3D」に両対応した廉価版モデル!

何はともかく、紹介動画を御覧いただきましょう!

まず今回の最大のポイントの一つ。それは、この動画がInsta360公式チャンネルではなく、ソフトバンクのチャンネルで公開されているということであります。そう、Arashi Visionさんによる今回の新製品「Insta360 EVO」は、日本ではソフトバンク(SB C&S株式会社)さんが販売するんです!

Insta360 EVO」は、折りたたみ式の360度カメラ。広げて180度の3D撮影、折りたたむことで360度2D撮影を可能にしているのが1番の特徴です。開いて180度3D、閉じて360度2D、というスタイルは「VUZE XR」と似ていますが、筐体全体が2分割されていて、それを開閉する形が独特です。

広げることで利用可能になる「180度3D撮影モード」は、高画質な180度立体視の動画・静止画を簡単に撮影できます。解像度は動画で5.7K(5760×2880)、静止画なら6Kオーバー(6080×3040)。約1800万画素での撮影を可能にしています。

気になるフレームレートは「5760×2880(30fps)、3840×1920(50fps、30fps)、3008×1504(100fps)」ということで、最大100fpsのスロー撮影に対応しているあたりが「Insta360 ONE」に通じる感じ。ビットレートも最大で100Mbpsというスペックを擁しています。

180度3D撮影モードと360度撮影モードのどちらもHDR動画・静止画撮影が可能な他、180度と360度の双方で広角に撮影OK。後処理の工程を必要とせず、どの角度でも自然で、明暗差のあるリアルな動画・静止画を撮影できる、としています。

こちらが公開されている180度3Dの撮影サンプル。ぜひ購入の参考に。

折りたたみ式の3Dグラスが付属、さらに裸眼3D視聴が可能なスマホケースも同時発表!

Insta360 EVO」には、折りたたみ式の3Dグラスが付属しますので、スマホと組み合わせることですぐにVRモードでの視聴が可能です。また、Oculus Go、HTC VIVE Focus、Galaxy Gear VRといったVRヘッドセットでも、専用アプリ「Insta360 VR」を通じて再生が可能になります(HTC VIVE Focus向けは3月末にリリース予定)。

さらに「Insta360 EVO」のリリースにあわせ、韓国・MOPIC社とInsta360が共同開発した特殊なスマートフォンケース「Insta360 HoloFrame」(別売)を装着することで、スマートフォンアプリ「Insta 360 EVO」のアイトラッキング機能により、VRヘッドセットやVRゴーグルなしで3D映像を裸眼で楽しむことができちゃいます! 上がその「Insta360 HoloFrame」のイメージ写真。

「Insta360 HoloFrame」はiPhone XS / X、iPhone XS Max、iPhone XR、Galaxy S8 / S8+ / S9 / S9+ / Note8向けに用意されるそうです。ただし、現時点で日本国内の販売は未定となっています。ぜひ発売して欲しいなー!

もちろん、Insta360シリーズおなじみの手ブレ補正技術「FlowState」を採用していますので、ジンバルレベルの驚異的な手ぶれ補正を楽しめます。特に「180度3D撮影モード」に対しては「3D撮影に適した専用の手ブレ補正技術」を採用しているそうで、持ち歩きながら撮影しても、滑らかな3D映像を記録することができるそうです。

スマートフォンアプリ上で撮影できる「TimeShiftモード」は、360度のタイムラプス・ハイパーラプス動画を撮影可能。こういった機能もInsta360シリーズならではですね!

またアプリと連携することで、180度3D撮影データや360度撮影データの再生・カット編集、各種色合い調整などができるようになっています。もちろん、FacebookやYouTubeなどのソ0シャル投稿もバッチリ対応。さらに持ち手代わりにも利用できる小型の「三脚」や、持ち運びに便利な「保護ポーチ」も標準で付属しているそうですよ。以下製品概要!

Insta360 EVO 製品概要

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約98.4×49×26.27mm(180度3D撮影モード時)約50.3×49×52.54mm(360度撮影モード時)
重さ:約113g
静止画解像度:6080×3040(約1800万画素)
静止画シャッター速度:1/4000s~55s(手動設定時)1/4000s~1/4s(シャッター速度優先時)
静止画ISO感度:100-3200(手動設定時、ISO感度優先時)
静止画ファイル形式:insp、dng(RAW)、jpg(スマートフォンアプリ内変換)
静止画撮影モード:標準、タイマー、インターバル、RAW、HDR
動画解像度 フレームレート: 5760×2880(30fps)、3840×1920(50fps、30fps)、3008×1504(100fps)
動画ビットレート: 最大100Mbps
動画ISO感度: 100-3200(手動設定時)
動画コーデック:H.264
動画ファイル形式:insv、mp4(スマートフォンアプリ内変換)
動画撮影モード:標準、タイムラプス、Log、HDR
F値:2.2
露出補正:-4.0~+4.0EV
ホワイトバランスモード:自動、曇り、太陽光、蛍光灯、白熱灯
外部メモリー:microSDカード(最大128GB、exFAT(FAT64)フォーマットが必要)
転送速度:UHS-I V30以上必須
Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth® Low Energy:4.0
センサー:6軸ジャイロスコープ
接続端子: microUSB
バッテリー容量:1200mAh(5V/2A)
連続動作時間:65分
充電時間:90分
動作温度: -10℃~40℃(保存温度:-20℃~40℃)

気になるお値段は……5万6570円(税込み:SoftBank SELECTIONオンラインショップ販売価格)。

全国の家電量販店(一部店舗を除く)と各社オンラインショップ、Amazon、SoftBank SELECTION オンラインショップで販売が予定されています。すでに14日から各取扱店舗で予約の受け付けが開始されていますよ。

Insta360から、ついにVR180対応のコンシューマ向けカメラが登場することになります。スペックもこれまでのInsta360シリーズを彷彿とさせるものになっておりまして、これは非常に注目すべきではないかと! しかもSoftBank SELECTIONでの販売となれば、全国のソフトバンクショップでの購入も視野に入るわけで、これを気にVRカメラがさらに普及してもらいたいところ。4月の発売が、今から楽しみですね!

情報提供:Arashi Vision

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 「ねえ、VR見たいんだけど! 今作ってるん ...

2

【2019年2月1日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.