ニュース

いよいよ明日から!「東京ゲームショウ2019」直前ざっくり出展ガイド

いよいよ明日からですよー!

9月12日~15日の4日間にかけまして、千葉・幕張メッセにて「東京ゲームショウ2019」が開催されます。

来週は東京ゲームショウ2018、VRon的「TGS2018」出展ざっくりガイド(1)

さあて、いよいよ来週に迫ってまいりました「東京ゲームショウ2018」。今回VRonは取材でお邪魔させて頂きます。 そこで! 先日のTGS2018ご紹介記事に引き続きまして、現在までにVRonに寄せられ ...

昨年に引き続きまして、今年もVRonは取材させていただきます。今回は明日のビジネスデーにお邪魔いたしまして、主にXR関連の出展者様をご紹介させて頂く予定です。前回は3回にわけて出展者様のご紹介をさせていただきましたが、今回は本日1回にまとめてギュギュっとお届けします!

こちらが今回「9ホール」に配置されました「VR/ARコーナー」の模様。ひときわIVRさんのブースが目立ちますねー。では、早速!

IVR(シス) VRカレシ / Vカラ / 17 Live / 星乃めあ

今回最大面積を誇りますIVRさんのブースは豪華2本立て。今話題沸騰中の女性向け恋愛ゲームアプリ「VRカレシ」と、アバター作成ツールの定番「Vカツ」をベースにした展開をされる予定です!

VRカレシ

まずはVRカレシ。今回は「VRカレシTGS2019バージョン」として、お好きな声優(キャラクター)に応じたシチュエーションのVR体験ができるそうです! その気になる声優さんがこちら。

  • 細谷佳正(ハルオのせいで…)
  • 森久保祥太郎(ピアノで祝福)
  • 鈴木千尋(おもてなし誕生日)
  • 藤原啓治(二人っきりの診察)

ブーススペースは昨年の約10倍の規模、最大同時プレイ人数は15名を予定しているとのことで、めちゃくちゃ気合が入っております!

でっか! また、今年も昨年に引き続き、VRカレシの舞台「喫茶はるかぜ」をモチーフにした特設体験ブース仕様になっているそう。ブースの拡張に合わせ、前回ご好評をいただいたイケメンコンパニオンを増員して対応、とパワーアップづくしです!

Vカツ

一方のVカツブースでは、Vカツを活用した様々なコーナー展開が行われます。まずはこちらの、

Vカラ。

Vカツアバターを使いバーチャルライブ空間でカラオケ体験!ということで、通信カラオケDAMの音源協力により、多彩で豊富な楽曲、クオリティの高い音源を楽しみながら、バーチャル空間で歌うことが出来るコーナーが設置されます。こちらのコーナーでは、Vカツでカスタムしたアバターを使用することにより、さまざまなキャラクターになりきってカラオケライブを体験できるそうですよ。

また、ライブ配信プラットフォーム「17Live」のコーナーも展開されます。こちらのブースではライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」を通してV-Liver(ブイライバー)の体験が可能。開発中のVRMビューワーアプリ「Project-V」を使用して、Vカツアバターを動かしライブ配信体験ができるそうです。

さらに、「VカツTGS応援大使」としてバーチャルシンガー「星乃めあ」さんがVカツブースに登場します! 四日間を通して、ブース内に設置してあるディスプレイから来場者とおしゃべりなどの交流を楽しむ『めあめあおしゃべりコーナー』を開催するそうです。

この通り非常に気合が入っております「IVR」さんのブース。がっつりと取材させていただきます!

株式会社UNIVRS リトルウィッチアカデミア -VRホウキレース-(仮)

株式会社UNIVRSさんは、現在制作中のVRゲーム『リトルウィッチアカデミア-VRホウキレース- (仮)』のプロトタイプ版を引っさげてのご登場です!

本プロジェクトは「CAMPFIRE」及び「Kickstarter」にて総額1800万円以上の支援を集めることに成功、すでにAnime Expo(ロサンゼルス)やCrunchyroll Expo(サンノゼ)などでプロトタイプ版の出展を行っています。今回が日本初のお目見えですね。

2020年6月の発売に先駆け、「魔法を使う」「キャラクターと会う」「ホウキで空を飛ぶ」といった基本システムをシンプルにまとめたないようになっているとのこと。体験時間は7〜10分程度となるそうです。当日は整理券制が取られるそうですので、体験したい方はお早めに!

MyDearest株式会社 AniVR Japan

只今「東京クロノス」が絶好調!なMyDearestさんは、ジャパンVRコンテンツをコミュニケートするプロジェクト「AniVR Japan」にてご登場です。

先日上記の『リトルウィッチアカデミア-VRホウキレース- (仮)』の参画も発表されました「AniVR Japan」は、ジャパニーズVRコンテンツおけるグローバルでの認知度アップを目的とし、MyDearestさんとSpicy Tailsさん(「狼と香辛料VR」)で組成されました。「AniVR Japan」を通じて、日本発のタイトルが増え、VR市場が活性化することでより多くのゲーム・アニメーションタイトルが増加することを目標とすべく活動されています。

今後トークイベントも開催されるということで、VRコンテンツの一勢力として目が離せませんね!

株式会社よむネコ 「デュエル・オブ・ガルガンチュア」

よむネコ、東京ゲームショウ2019の出展を発表。新プロジェクト「デュエル・オブ・ガルガンチュア」をプレイアブル展示

VRゲームの企画・開発をしている株式会社よむネコは28日、VRオンラインアクションゲーム「ソード・オブ・ガルガンチュア」及び新プロジェクト「デュエル・オブ・ガルガンチュア」の東京ゲームショウ2019に ...

株式会社よむネコさんについては以前ご紹介させていただきましたとおり、新プロジェクト「デュエル・オブ・ガルガンチュア」がプレイアブル展示されます。こちらも注目!

Gatebox株式会社 「Gatebox」

Gatebox、東京ゲームショウへの出展を発表、「ビジネスパートナープログラム」「Gateboxアプリ」の開発事例を展示

Gatebox株式会社は27日、2019年9月12日~15日に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2019」に出展し、法人向けに「Gatebox」のビジネス活用を支援するための”ビジネスパートナー ...

先日ついに一般販売が10月11日と決定したばかり! Gatebox株式会社さんもこちらでご紹介しましたね。法人向けに「Gatebox」のビジネス活用を支援するための”ビジネスパートナープログラム”の紹介や、自社およびパートナー企業が開発した「Gatebox」で体験できるアプリケーションのデモ展示を行いますよ!

テレビ朝日メディアプレックス 「ポリフる feat.朝ノ瑠璃」

瑠璃姉! 主様!

株式会社テレビ朝日メディアプレックスは、VTuber「朝ノ瑠璃」が登場するVRリズムゲーム「ポリフる feat.朝ノ瑠璃」を出展します。

「ポリフる」は、VRヘッドマウントを使用してVTuberによるVR音楽ライブを楽しみながら、実際にライブに自分も参加して遊べる新感覚のVRリズムゲーム。前回に「キミノミヤ」さんとコラボされたことでも話題になりましたね。

今回、VTuber“朝ノ瑠璃”を運営する「朝ノ姉妹ぷろじぇくと」と連携、ゲーム内に朝ノ瑠璃が登場し、VR音楽ライブを楽しむだけでなく、実際にライブに参加してステージから飛んでくるノーツをサイリウムでタイミング良く叩いたり、出現するラインをなぞったり、指示されるポーズを取ることで高得点を競って遊ぶことができます。本ゲームはSteamにて東京ゲームショウ2019開催前後に発売予定です。

また、SHOWROOMにて「ポリフる feat.朝ノ瑠璃」応援大使募集オーディションが開催されまして、応援大使としてSHOWROOMのトップランカー「九条林檎」さんが選出されています。

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 / 株式会社デジカ 「初音ミクVR」(SIEブースにて)

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社と株式会社デジカは、現在STEAM / Oculus Storeにて発売中のVRリズムアクションゲーム「初音ミクVR」を今秋PlayStation VR用に発売、9月13日(金)よりプレオーダーを開始します。

今回の東京ゲームショウ2019では、「ソニー・インタラクティブエンタテインメントブース」にてPSVR版「初音ミクVR」を体験することが可能。試遊ブースでは合成映像技術を使用し、プレイヤーがゲーム内でミクと共演しているかのような映像を投影する予定もあるそうです!

NTTドコモ 「DoCoMo 5G / AR観戦ブース」

最後にお送りするのは「NTTドコモ」さんのブース。今回NTTドコモさんではブース全体を通じて「5G」をアピールされるのですが、そのテーマになっているのが「eスポーツ」。その中でも「AR」をテーマにした展示を展開されます。

梅原大吾選手

ときど選手

「AR観戦ブース」では、格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」において、日本初プロゲーマー「梅原大吾」選手と東大卒プロゲーマー「ときど」選手との対戦をARで再現。観戦者はARマーカーにスマートフォンをかざすと、位置等の情報が5Gによる低遅延でサーバーに送信され、事前に収録した試合の映像処理を行い、観戦者のスマートフォンに3DAR化され大容量で配信される、という仕組みです。なお、「ストリートファイターV アーケードエディション」におけるAR観戦アプリは株式会社カプコンの協力のもと開発しています。​

これ以外にも、様々な出展者さんが展示されますよ! 以下開催概要!

「東京ゲームショウ2019」開催概要

昨年の開催の模様

名称 : 東京ゲームショウ2019 (TOKYO GAME SHOW 2019)
主催 : 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催 : 日経BP
後援 : 経済産業省(予定)
オフィシャル5G・通信スポンサー : NTTドコモ
オフィシャルドリンクスポンサー : モンスターエナジー
会期 : 2019年9月12日(木) ビジネスデイ 10:00~17:00
2019年9月13日(金) ビジネスデイ 10:00~17:00
※ビジネスデイは、ゲームビジネス関係者およびプレス関係者のみのご入場となります。
2019年9月14日(土) 一般公開日 10:00~17:00
2019年9月15日(日) 一般公開日 10:00~17:00
※一般公開日は、状況により、9:30に開場する場合があります。
会場 : 幕張メッセ(千葉市美浜区)
展示ホール1~11/イベントホール/国際会議場
来場予定者数 : 25万人
入場料 : 前売券:1,500 円(税込)、当日券2,000 円(税込)、小学生以下は無料
(一般公開日)

というわけで、明日VRonは取材でお邪魔させていただきます。当日はTwitterなどでも現地の様子をお届けしていきますよ。では、後日掲載予定のレポートも併せてお楽しみにー!

情報提供:TOKYO GAME SHOW 2019事務局

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2019/10/16追記 Googleより「DayDream」の終了が発表されたため、下記の種類のうち「6番」を削除しました ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head M ...

2

【2019年10月25日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.