ニュース

Gugenka、「新潟まつりバーチャル花火」の提供を発表。YouTube、VRChat、HoloModelsで

なーつのおーわーりー♪

Gugenkaは18日、新潟まつり実行委員会が実施する「未来花火プロジェクト」において、同社が制作した「新潟まつりバーチャル花火」を提供することを発表しました。

東雲めぐちゃんと、新潟の花火をバーチャル空間で体験しよう!

今回Gugenkaさんが実施する「新潟まつりバーチャル花火」は「新型ウイルス感染症に負けるな」という想いを込めて開催するもので、新潟市の夏の風物詩「新潟まつり花火大会」をバーチャル空間に再現し、花火大会を楽しみにしていた皆さんに「来年の新潟まつりにぜひ来てほしい」というメッセージを発信する、としています。

詳細ページURL:https://gugenka.jp/niigata-matsuri2020.php

会期は「2020年8月21日(金)〜9月30日(水)」。バーチャルなだけに、どこから新潟花火を楽しめる、というのが最大のウリでございます。以下開催概要!

「新潟まつりバーチャル花火」開催概要

1 YouTube配信

YouTube上に、新潟まつり花火大会のVR動画を配信する…ということで、基本は「新潟観光コンベンション協会」さんのYouTubeチャンネルにて配信が会期中行われますよ。詳しい日程はこちら。

最初の2日間は東雲めぐさんのMCによる生配信が行われ、その後9月30日までアーカイブ配信が実施される、という塩梅です。

2 VRChat

さて、バーチャル開催でありますがゆえにもちろんこれだけでは終わりません!

VRプラットフォーム「VRChat」に新潟まつり花火大会の会場が用意されます。ユーザーは自宅からVR機器を使って参加し、萬代橋の上や信濃川に浮かぶ屋形船の中から花火の打ち上がる夜空を楽しめるそうです。

  • 実施期間:2020年8月21日(金)11:00〜9月30日(水)17:00
  • 料金:無料
  • 参加方法:詳細ページより後日手順を発表

これは会期中に専用のワールドがオープンする感じかな? 続報を期待したいところです! なお、VRChatにアクセスするためのPCが必要ですのでご注意を。VRHMDがあるとなおよし! Oculus Questにも対応しているそうですよ!

3 HoloModels

そして、Gugenkaさんですから当然HoloModelsでの展開もございます!

デジタルフィギュアのビューワーアプリ「HoloModels(ホロモデル)」を使い、1/1サイズにすることでスマートフォンを通して見た景色がARで表示可能。自分の立つ場所がイベント会場になったような目線を手軽に楽しめたり、卓上サイズにしてジオラマのように飾ることで花火が打ち上がる様子を上から見ることもできちゃいますよ。しかもこちら、無料となっております! この機会に「HoloModels(ホロモデル)」のインスコをぜひ!

  • 実施期間:2020年8月21日(金)11:00〜9月30日(水)17:00
  • 料金:無料

※ ARkit / ARCoreに対応したスマートフォンが必要です。詳しくはこちら
※ 期間終了後、アイテムボックスから無くなります。

なお、Gukenkaさんでは新潟まつり花火大会のAR/VR会場を用いたイベント開催を承るそうです! 当空間を利用したい方はGugenkaまでお問い合わせを。

コロナ禍の中でも花火を! まだ花火を見ていない貴方、ぜひgugenkaさん謹製のXRワールドで体験しましょう!

記事提供:Gugenka®

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/7/28追記 Oculus Goの年内販売終了を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HM ...

2

【2020年8月3日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)