ニュース

デジカ、HTC VIVE COSMOSの事前予約販売を発表、明日から。お値段89,882円 (税抜)

 

株式会社デジカは19日、国内発売を10月11日(金)に控えたHTC社製VRHMD 「VIVE COSMOS」 の事前予約販売を、9月20日(金)10:00~10月10日(木)23:59までの期間限定で実施することを発表しました。

ついにCOSMOSがそのベールを脱いだ! HTC VIVEの次世代主力HMDになりそうなスペック+仕様!

やっと発売されますね!

「2019 VIVE デベロッパー・デー」へ行って、HTC Viveの未来戦略を確認してきました!(詳細レポート)

その時、筆者は神保町におりました! HTC NIPPONは16日、ベルサール神保町にて「2019 VIVE デベロッパー・デー」を開催、新商品及びSDKなどの発表を行いました。 VIVEさんによるイベ ...

VIVE COSMOSは、使いやすさ、汎用性、パフォーマンスでユーザーのニーズに合わせられるように設計された、新たなデスクトップ型のVRデバイス。当初「スタンドアローン?」なんて話も飛び交っておりましたが、「現時点では」PCに接続するタイプのVRHMDとしてリリースされます。なぜ「現時点」なのかは後ほど。

解像度は「2880×1700ピクセル」とVIVE史上最高、かつ液晶パネルのサブピクセルについても工夫されており、スクリーンドア効果を最小限に抑えているとのことです。

また、本製品最大の特徴となるのが「インサイドアウト形式のポジトラ」を採用したこと。

付属のコントローラーが発する光を捉える方式でインサウドアウト化を実現。6つのカメラ+AIテクノロジーを駆使し、かつパソコンに接続してすぐに楽しめる「プラグアンドプレイ」と携帯性を実現した、としています。これにより、ステーション設置をしなくてもルームスケールできるようになりました。フリップアップもするよ!

さらにVIVE COSMOSはモジュール式フェースプレー(MOD)を採⽤しています。これが上で書いた「現時点では」、の部分。つまり、VIVE COSMOSは「機能拡張」を実現しているんですね。

すでに発表されているMODは「VIVE COSMOS外部トラッキングモッド」。VIVEシリースのライトハウス・ベースステーションをそのまま使えるようにすることで、広いルームスケールに対応するMODになるみたいですね。こちらは来年の第1四半期に発売予定です。

このMODの存在により、将来的に「無線対応」するんじゃないの!? という話が出ています。かねてから「モバイル対応」を謳っていたVIVE COSMOSですが、現時点に至るまでモバイル対応のお話しは正式には出ていません。その割には公式サイトの画像に無線キットっぽいのが映ってるし……(画像はイメージです)。

うーん、まだまだ情報がこれから出てきそうですね! 以下概要!

VIVE COSMOS 製品情報

商品名:VIVE COSMOS
型番:99HARL006-00
製品情報URL:https://www.vive.com/jp/product/cosmos/
発売開始日時:2019年10月11日(金)/【予約販売】 2019年9月20日(金)午前10時~10月10日(木)23時59分まで
メーカー希望小売価格:89,882円 (税抜)
メーカー保証:購入日より1年間(VIVE COSMOS専用アドバンテージパック適用により、購入日より最大2年間の保証)

製品仕様
ヘッドセット
スクリーン:デュアルAMOLED 3.4インチ(対角)
解像度:片目あたり1440 x 1700ピクセル(合計2880 x 1700ピクセル)
リフレッシュレート:90 Hz
視野角:最大110度
オーディオ:ステレオヘッドフォン
入力:内蔵マイク、ヘッドセットボタン
接続:拡張モジュール接続用USB-C 3.0, DisplayPort 1.2
センサー:Gセンサー, ジャイロセンサー, IPDセンサー
接眼部:フリップバイザー, 調整可能なIPD, ヘッドストラップ
コントローラー
センサー:Gセンサー, ジャイロセンサー, ホールセンサー, タッチセンサー
入力:システムボタン, アプリケーションボタン, トリガー, バンパー, ジョイスティック, グリップボタン
バッテリー:単3アルカリ乾電池 × 2
トラッキングエリア要件
起立時/着席時:スペース制限なし
ルームスケール:最小 2m × 1.5m
* ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
* 特別オファー用の引き換えコードはパッケージに同梱されております。コードは2019年11月1日までに引き換えする必要がございます。
* 特別オファーの内容は予告なく変更となる場合がございますので、予めご了承願います。
* 本製品をご利用いただくには、必要スペックを満たしたPCが必要になります。詳しくはhttps://www.vive.com/jp/ready/をご参照ください。
* VIVE公式ストアは株式会社デジカが運営しております。

今回の予約購入では「VIVEPORT INFINITY」 サブスクリプションサービス(12ヶ月分)+VRコンテンツ「AEON」がついてくるそうですので、ご購入をお考えの方はぜひ。取り扱いはVIVE公式ストア(https://www.vive.com/jp/)ならびに、日本国内のVIVE正規取扱販売店であるドスパラ各店ならびにECサイト(https://www.dospara.co.jp/)にて行われます。

今回のCOSMOSはHTC VIVEとしては正統派な後継機、という印象ですね。インサイドアウトに切り替わったあたりなんかOculus Rift Sとバチコーンと競合する感じ。

ただ、解像度やリフレッシュレートなどではCOSMOSが一歩リードしている他、既存のHTC VIVE PROに対しても解像度でほんのちょっぴりリードしていますね。今VIVE PROの価格がHMDのみで税抜94,000円なことを考えれば、「これからHTC VIVE欲しいなー」という方には十分選択肢に入るんじゃないかと。

特にベースステーションを持っているHTC VIVE(初代)ユーザーなら今後のMOD対応を考えれば買い替えも十分あり! これは注目していきたいですね!

記事元:新たなトラッキングシステム搭載のモジュール式フェイスプレート採用VRデバイス「VIVE COSMOS」の取り扱いを開始 ~9月20日10:00より事前予約販売が解禁~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

その日、取材班はお台場におりました! 11月16-17日、IVRC実行委員会はテレコムセンター(お台場)にて、第27回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2019)決勝大会を開催しま ...

2

その時、我々は両国におりました! いちから株式会社/株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは12月8日、両国国技館にて「Virtual to LIVE in 両国国技館」を開催しました。 今回、 ...

3

バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAと田中工務店は9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催し ...

4

【続報3・21:40時点】iTunesアルバムランキング(総合)、Jポップ部門、共に[第2位]にランクイン!あと少し。あと少し!!#MZM pic.twitter.com/QxTO85FdGW &md ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.