ニュース

ホロラボとイトーキ、遠隔コミュニケーションシステム「HOLO-COMMUNICATION」をリリース

株式会社ホロラボと株式会社イトーキは7日、共同開発を進めている次世代遠隔コミュニケーションシステム「HOLO-COMMUNICATION」 の HoloLens 2 と Azure Kinect Developer Kit 対応版の提供を開始しました。

ホロラボの「HOLO-COMMUNICATION」、HoloLens2+Azure Kinectに対応しリリース

ホロラボさんといえば、Hololensでの様々なソリューション開発を行っている会社さん。現在も勢力的なリリースを続けられています。

そんなホロラボさんが、株式会社イトーキさんとで共同開発を進めているのが次世代遠隔コミュニケーションシステム「HOLO-COMMUNICATION」 です。このシステムでは、遠隔参加者の前に設置した 3D センサー(Azure Kinect Developer Kit)により 3D 立体映像をリアルタイムで目の前に出現させ、音声やジェスチャーでコミュニケーションができる、という仕組み。2D による Web会議とは異なり、3D 立体映像で遠隔参加者の存在を傍に感じることができるのが大きな特徴です。

中継サーバーの配置場所として使用しているのが Microsoft Azure クラウドサービス。これにより、インターネット経由での配信や事前収録した録画映像の再生もOK。また、Azure Kinect DK の優れた AI センサーをフル活用し、これまでにないリッチな 3D立体映像の配信、コミュニケーションを実現できる、としています。

さて、今回このシステムを下記 2 つのプランで提案する形で、デジタルトランスフォーメーションや働き方改革に取り組むシステム導入を希望する企業向けユースと、自社のシステムに機能として組み込み活用したいデベロッパーユースに応える形になっていますよ。以下概要!

「HOLO-COMMUNICATION」提供形態概要

【システム一式 提供プラン】

HOLO-COMMUNICATION システムを検証・デモ用途として導入を希望される企業向けプラン。HoloLens 2 用 HOLO-COMMUNICATION アプリケーションと配信PC用アプリケーション、各企業に Azure 配信サーバーを提供 (月単位)、必要なハードウェアの選定支援が含まれます。
ターゲットとしては、自社や業界内での3D立体映像のニーズ調査や、自社サービスをこのシステムを利用して展示会で紹介したい企業を想定しているそうです。

【システム一式+開発パッケージ 提供プラン】

Azure Kinect DK 及び HoloLens 2 のアプリケーション開発を行う企業向けプラン。システム一式提供プランの内容(Azure 配信サーバーの提供は年単位)に加えて、ホロラボが開発した HOLO-COMMUNICATION システムの HoloLens 2 用 Unitypackage が提供されます。システムを導入するにあたり必要となる機材 (PC、HoloLens 2、Azure Kinect DK) の調達支援にも対応するそうですよ(機材購入費用は別途)。

必要機材はこちら。

Microsoft HoloLens 2 : 1 台
Microsoft Azure Kinect Developer Kit : 1台
Windows PC : 1台(※)
[推奨環境] OS: Windows 10 64bit(Version1903で動作確認)
CPU: Core i7 第7世代以降
メモリ: 16GB 以上
GPU: GeForce GTX970以降


また、パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコムから「iiyama PC」ブランド「SENSE∞ (センス インフィニティ)」「SOLUTION∞(ソシューション インフィニティ)」、HOLO-COMMUNICATION 推奨パソコンが本日同時に発売されます。

Azure Kinect DKにて、4KクラスのRGBカメラ映像と高解像度の深度情報など広帯域のデータをUSB伝送するため、ホストPCはかなりハイパワーなものが必要、ということで、今回推奨PCも併せて提供されている、という次第。動作確認済みなPCというのは安心できますね。詳細は以下のリンクをどうぞ。
https://www.pc-koubou.jp/pc/holo_communication.php

いよいよHoloLens2を活用したリモートコミュニケーションサービスがでてきましたねー。さすがはホロラボさん、先頭を走っていらっしゃる! 今後に注目しましょう!

記事元:ホロラボ、イトーキと共同開発の HoloLens 2 と Azure Kinect DK を活用した遠隔コミュニケーションシステム「HOLO-COMMUNICATION」をリリース、法人向けに提供開始 -PRTIMS-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

その日、取材班はお台場におりました! 11月16-17日、IVRC実行委員会はテレコムセンター(お台場)にて、第27回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2019)決勝大会を開催しま ...

2

その時、我々は両国におりました! いちから株式会社/株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは12月8日、両国国技館にて「Virtual to LIVE in 両国国技館」を開催しました。 今回、 ...

3

バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAと田中工務店は9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催し ...

4

【続報3・21:40時点】iTunesアルバムランキング(総合)、Jポップ部門、共に[第2位]にランクイン!あと少し。あと少し!!#MZM pic.twitter.com/QxTO85FdGW &md ...

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2020 All Rights Reserved.