ニュース

HTC NIPPON、『VIVE PRO EYE』および『VIVE FOCUS PLUS』を一般消費者向けに販売開始

HTC NIPPON株式会社は5日、本日より『VIVE Pro Eye』および『VIVE Focus Plus』を一般消費者に向けた販売を開始しました。

『VIVE Pro Eye』『VIVE Focus Plus』がいよいよみんなの手の中に! 一般販売をHTC自らスタート

 

HTC NIPPON、「VIVE Pro Eye」と「VIVE FOCUS PLUS」の国内発売を発表。6月28日から

HTC NIPPON株式会社は17日、アイトラッキング技術搭載のVRHMD「VIVE Pro Eye」と、スタンドアローンVRHMD「 VIVE FOCUS PLUS」の国内向け販売を発表しました。希 ...

続きを見る

VIVE Pro Eyeと、VIVE Focus Plus。この二つのVRHMDが日本での正式リリースを発表したのはちょうど去年の今頃でございました。どちらともエンタープライズ向けの商品として位置づけられて早1年、ついに一般販売がスタートすることになります。販売先はすべて公式サイトから。コマース部分の運営はこれまで通りデジカさんが担当されます。

気になるお値段がこちら。PRO Eyeは3月に値下げされましたのでこちらの価格。

VIVE Pro Eye

「VIVE Pro Eye」は、「VIVE Pro」に眼球の動きや焦点をトラックするアイトラッキング技術を搭載したHMD。アイトラッキング技術を用いて高精度な視覚トラッキングデータを取得することが可能になり、マーケティングデータ分析やトレーニングツールなど、次世代の様々なビジネスシーンやアイディアに活用できるようになります。

製品ページURL https://www.vive.com/jp/pro-eye/

主な特徴を箇条書きすると、

  • アイトラッキングを標準搭載
  • 中心窩レンダリング(Forveated Rendering)を実装し、PCの負担を軽減
  • アイトラッキング機能を駆使することで視線ビームメニューのUIや視線ヒートマップなどを実現可能に

という感じ。VIVE Proの上位版的ポジションとして位置づけられ、特にアイトラッキングを求めるハイエンドな利用者層に支持されています。主なスペックはこちら。

・ヘッドセット

スクリーンデュアルAMOLED 3.5インチ(対角)
解像度片目あたり1440 x 1600ピクセル(合計2880 x 1600ピクセル)
リフレッシュレート90 Hz
視野角110 度
オーディオハイレゾ対応ヘッドフォン(取り外し可能)、高インピーダンスのヘッドフォンサポート、エルゴノミクスの改善
入力内蔵マイク
接続USB-C 3.0、DP 1.2、Bluetooth
センサーSteamVR™ トラッキング、Gセンサー、ジャイロスコープ、
近接センサー、IPDセンサー、アイトラッキング
調整機能レンズ距離調整付きアイレリーフ
調整可能 IPD
調整可能ヘッドフォン
調整可能ヘッドストラップ

・アイトラッキングの仕様

視線データ出力周波数(両眼)120Hz
精度0.5°〜1.1° (FOV 20°以内)
キャリブレーション5ポイント
追跡可能視野角110°
眼の疾患、眼の手術、濃い化粧、および強い近視は、アイトラッキング性能に影響を与える可能性があります
データ出力(アイ情報)タイムスタンプ(デバイスとシステム)、視線の起点、
視線の方向、瞳孔位置、瞳孔サイズ、目の開閉
インターフェースHTC SRanipal SDK
SDKエンジンの互換性Unity、Unreal

・コントローラー仕様

センサーSteamVR Tracking 2.0(最大100平米のルームトラッキングが可能)
入力多機能トラックパッド、グリップボタン、デュアルステージトリガー、
システムボタン、メニューボタン
接続Micro-USB充電ポート

なんといってもPRO Eyeといえば「アイトラッキング」! VRプラットフォームであるバーチャルキャストさんでこのアイトラッキングに対応しており、ちゃんとアバターの視線が同期しますよ!

VIVE Focus Plus

Vive Focus Plus」は、HTCが放つハイエンドなスタンドアローン型HMD。主な特徴は、

  • クアルコムの「SnapDragon 835 VR」を搭載
  • 6DoF(6自由度)のインサイドアウト形式トラッキング機能
  • Vive Wave VRオープンプラットフォームが利用可能
  • 1440×1600ピクセルの有機ELディスプレイ×2、リフレッシュレート75Hz、FOVが110度

というスペックで「6DoFのインサイドアウトを提供する最初の商用スタンドアローンデバイス」としてリリース、現在までエンタープライズ向けとして展開されていきました。そしてこのHMDに……

2つの6DoFコントローラーが付属しているのが「Plus」です。これがその「6DoFコントローラ」。

これにより、ライバル会社であるOculusの「Oculus Quest」と同様の「6DoFHMD / 6DoFコントローラ」を実現している、というわけ。今回の価格はこのコントローラ込みのお値段となっておりますよ。

また、VIVEPORTインフィニティのメンバーシップに加入済みのユーザーは、PC VR向けVIVEPORTコンテンツをお使いのコンピューターからVIVE Focus Plusへ無線で配信する「VIVEPORT Streaming」機能を利用することで、バーチャルキャスト等の対応コンテンツをVIVE Focus Plusで遊ぶことができます。

製品ページURL:https://enterprise.vive.com/jp/product/focus-plus/ 

VIVEPORT Streaming

さらに、今回は「VIVEPORT Streaming」の紹介もされております。こちらはVIVEPORTインフィニティメンバーに提供されている、VRの実行に適したコンピューターにインストールされているPC VRコンテンツをVIVE Focus Plusにストリーミングする機能。おお、無線でPCVRコンテンツができるんですね!

VIVE Focus Plusの、VR Rwady PC、Wi-Fiルーター(5GHz帯対応を推奨)を揃えた上で「VIVEPORTインフィニティ月額プラン」か「年間プラン」に加入すれば、この機能を使えます。手順は以下の通り。

  1. 最新版のVIVEPORT Desktopアプリをインストール
  2. デスクトップ上で起動するVIVEPORT DesktopアプリおよびVIVE Focus Plus内のVIVEPORTに、同一のアカウントでログイン
  3. VIVE Focus Plusとコンピューターを同じWi-Fiネットワークに接続
  4. VIVE Focus Plusを起動し、「設定」→「接続の設定」から「PCに接続」オプションをオン。近くのコンピューターが検出されたら、接続したいコンピューターを選択
  5. 「ストリーミングを開始」ボタンを選択
  6. ホームから「ライブラリ」を選択し、「マイPC上(BETA)」を選択し、プレイしたいタイトルを選択

おおお、これ、VIVEPORTのPCVR資産がそのままFocusで使えて、さらに無線というのがいいですね! Oculus Linkの無線版って感じなのかしらん?

また、この「VIVEPORT Streaming」が対応していグラボスペックも紹介されていますので、こちらもドドーンと乗せちゃいます。こちら!

NVIDIA™ GeForce RTX 2080 Ti | 2080 Super | 2080 | 2070 Super | 2070 | 2060 Super | 2060
NVIDIA™ GeForce GTX 1080Ti | 1080 | 1070 | 1070Ti | 1060
NVIDIA™ GeForce GTX 980Ti | 980 | 970 | 780Ti
NVIDIA™ Quadro RTX 8000 | 6000 | 5000 | 4000
NVIDIA™ Quadro P6000 | P5000 | P4000
NVIDIA™ Quadro M6000 | M5000
NVIDIA™ Quadro Mobile RTX 6000 | RTX 5000 | RTX 4000 | RTX 3000
NVIDIA™ Quadro Mobile P5200 | P5000 | P4200 | P3200 | P3000
NVIDIA™ Quadro M5000 | M5500 | M5000 | K6000
NVIDIA™ Quadro Mobile M5500
NVIDIA™ Quadro GP100 | GV100
AMD Radeon™ VII
AMD Radeon™ RX 5700 XT | 5700
AMD Radeon™ RX Vega 64 | Vega 56
AMD Radeon™ RX 590 | 580 | 570 | 480
AMD Radeon™ R9 Fury | Fury X
AMD Radeon™ R9 Nano
AMD Radeon™ R9 390 | 390X
AMD Radeon™ R9 290 | 290X | 295X2
AMD Radeon™ Pro WX 9100 | 8200 | 7100
AMD Radeon™ Vega Frontier Edition
AMD Radeon™ Pro Duo | SSG
AMD Radeon™ FirePro W9100

こちらのスペックをお持ち+無線でのPCVRプレイをしたい、というニーズにFocus Plusが答えてくれそうですね! 以下お問い合わせ先情報!

製品・サービスについてのお問い合わせ

HTC NIPPON株式会社
コールセンター
電話 ‎0800-000-0117 ( 日本語 )
‎月曜日〜金曜日 10:00〜19:00
Eメール・ライブチャットでのお問い合わせ
https://www.vive.com/jp/support/contactus/
(ライブチャット受付時間:月曜日~金曜日 10:00~19:00)

ということで、この一般販売開始でどこまでHTCさんが攻めていくのか、お手並み拝見ですね!

※HTCとHTCロゴはHTC Corporationの登録商標です。
※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

記事元:HTC NIPPON、エンタープライズ向け製品の『VIVE PRO EYE』および『VIVE FOCUS PLUS』を一般消費者向けにも販売開始 -PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

その日、取材班はお台場におりました! 11月16-17日、IVRC実行委員会はテレコムセンター(お台場)にて、第27回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2019)決勝大会を開催しま ...

2

その時、我々は両国におりました! いちから株式会社/株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは12月8日、両国国技館にて「Virtual to LIVE in 両国国技館」を開催しました。 今回、 ...

3

バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAと田中工務店は9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催し ...

4

【続報3・21:40時点】iTunesアルバムランキング(総合)、Jポップ部門、共に[第2位]にランクイン!あと少し。あと少し!!#MZM pic.twitter.com/QxTO85FdGW &md ...

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2020 All Rights Reserved.