VRゲーム情報 ニュース

SIE、次世代PlayStation VRシステムの正式名称を公表 その名は「PlayStation VR2」

新年、あけましておめでとうございます! 今年も更新を始めさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。

さあてと、SIGGRAPH Asia 2021の続きを……と思っておりましたが、こんなビッグニュースが飛び込んできましたので、記事初めはこちらから参ります。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは日本時間で5日、現在開催されているCES 2022にて、PlayStation®5(PS5™)向け次世代バーチャルリアリティシステムの正式名PlayStation®VR2、新しいVRコントローラーの正式名称をPlayStation VR2 Sense™コントローラーに決定し、製品の詳細を公開したことを発表しました。

いよいよ、次世代PSVRのスペックが公開!

さあ、いよいよ次世代PSVRのベールが脱がれつつありますよ!

今回CESで発表されたのは正式名称とスペックで、PSVR2本体と以前公開されたコントローラー(上写真)の構成になることも発表されています。ただ、フォルムや影も含め、実機イメージの発表は一切なし。ソニーさんじらしますねー!

まず気になるディスプレイは有機ELで、解像度は片目2000px×2040px、両目の横幅解像度がジャスト4Kとほぼ倍になりました(初代はFullHD)。視野角も10度広がって110度。しかもフォービエイテッド・レンダリング搭載ということで、PS5の高い描画能力をさらに引き出しそうですね。リフレッシュレートも90/120Hzと前作と同クオリティ。

そして、今回「おおっ!」となったポイントが2つあります。

インサウドアウトトラッキングを採用

PSVRといえば、コントローラーの光をPS4側に接続したカメラでトラッキングする「アウトサイドイン」でしたが、VR2ではインサウドアウトになります。つまり、HMD側にカメラが付く、ってこと!

HMD側に搭載されるカメラは4つ。パススルーの情報は出ていませんが、もしかしたら搭載されるかもね。

アイトラッキング機能を搭載

もう一つ! それがアイトラッキングの実装です。「PlayStation VR2 Senseテクノロジー」とひとくくりで紹介されていますが「視線トラッキング」という表現で、IRカメラが2つHMD内に仕込まれますよ。

また、ヘッドセットに内蔵したモーターの振動によって触覚要素を加える「ヘッドセットフィードバック」も搭載! デュアルショックの生みの親、振動フィードバックをメジャーにしたソニーさんならではのアプローチですね! これにPS5のTempest 3Dオーディオ技術が加わるとなると、ちょっと没入感のクオリティに期待が持てそう! もちろんPS5との接続はUSB-C1本のみ。この簡便さもアドバンテージになりそうです。

なお、同時にオリジナルタイトルとして『Horizon Call of the Mountain』をGuerrilla(ゲリラ)とFirespriteが開発中であることもあわせて発表されております。やっば! これはマジ期待大! 以下仕様詳細!

PlayStation VR2の主な仕様

ディスプレイ方式 有機EL
パネル解像度 左右の目それぞれに2000×2040の映像を表示
パネルリフレッシュレート 90Hz、120Hz
レンズ間距離 調整可能
視野角 約110度
センサー モーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
装着センサー: IR近接センサー
カメラ トラッキングカメラ×4
(VRヘッドセット、VRコントローラートラッキング用)
IRカメラ×2
(視線トラッキング用)
フィードバック ヘッドセットの振動
PS5との通信 USB Type-C®
オーディオ 入力: 内蔵マイク
出力: ステレオヘッドホン端子

PlayStation VR2 Senseコントローラーの主な仕様

ボタン [右] PSボタン、オプションボタン、アクションボタン(○ボタン/×ボタン)、R1ボタン、R2ボタン、右スティック/R3ボタン
[左] PSボタン、クリエイトボタン、アクションボタン(△ボタン/☐ボタン)、L1ボタン、L2ボタン、左スティック/L3ボタン
センシング/トラッキング モーションセンサー:6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
静電容量式センサー: 指検知IR LED: ポジショントラッキング
フィードバック トリガーエフェクト(R2/L2ボタン)、ハプティックフィードバック(各コントローラーにつき1つのアクチュエーターを搭載)
端子 USB Type-C®端子
通信 Bluetooth® Ver5.1
電池 種類: 内蔵型リチウムイオン充電池

まだ価格も姿も公開されていませんが、スペックがマジでそそりますね……!

(リンク先はAmazon公式販売ページ)

当然競合相手となるのがMeta社の「Quest 2」になるのは必至の情勢で、となれば焦点が集まるのは「価格」であります。現在Quest 2 256GBタイプの価格が5万弱なので、この価格がターゲットになりそう。

PSVR2の場合はPS5とのセットが必須になる関係上、PS5の価格も含め気になるところです。今だと訳あり新品で9万前後、完全新品で10万弱ぐらい。PS5そのものが在庫僅少というか圧倒的な需要過多の状況の中、はてさておいくら万円でQuest 2に戦いを挑むのか。注目です!

 

※「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS5」、「PlayStation VR2 Sense」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商標または登録商標です。
※Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
※USB Type-C® and USB-C® are registered trademarks of USB Implementers Forum.
※その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

記事提供:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあ、いよいよ3年ぶりにあのイベントが帰ってきます! ケルンメッセ株式会社は本日9日、オンラインにて記者会見を行い、コンピュータ科学分野の国際学会(ACM)の分科会「シーグラフアジア2021(SIGG ...

2

今年はVTuberという世界において多くの出来事が起こりました。毎年かもしれないけれど、今年は特に多いような。先週末にはあの「バーチャフリーク」がageHaでラストパーティを終えたばかりでした。 とは ...

3

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

-VRゲーム情報, ニュース
-, , , ,

© 2022 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)