VTuberニュース ニュース

早川書房、塗田一帆の長編小説『鈴波アミを待っています』を3月16日に発売 コミカライズも実施

早川書房は1日、集英社「ジャンプ小説新人賞2020」のテーマ部門「この帯に合う小説」にて金賞を受賞した塗田一帆(ぬるたいっぽ)さんの作品『鈴波アミを待っています』を3月16日に出版することを発表しました。また、漫画版「鈴波アミを待っています」 も3月16日に少年ジャンプ+にて掲載されることも合わせて発表されています。

VTuberとメタバースを舞台にした意欲作がいよいよ出版! 表紙をしぐれうい、装丁を木緒なちが担当

著者の塗田一帆(ぬるたいっぽ)さんはブログ「からっぽもーど」(https://null.style)を更新する傍ら、ブラウザ拡張機能の開発を行っており、これまでにYouTubeの視聴支援機能を9つリリースしていることで知られます。また2018年にはVtuber「半熟UFO」としても活動していました。本作が塗田さんにとって作家デビュー作となります。

あらすじ

Vtuber「鈴波アミ」がデビュー1周年を迎えた夜。しかし、待望の配信は始まらなかった。彼女は突如失踪してしまったのだ。視聴者たちは〝推し〟の復帰を信じて、1年分の配信アーカイブを同時視聴して待ち続ける。新型コロナによって社会も混乱していくなか、鈴波アミと視聴者の未来は……? メタバース時代のネット文化が生んだ感動のストーリー!

ということで、VTuberを題材とし、メタバースが舞台となるというかなりの意欲作であります。まずは書籍概要!

書籍情報

タイトル:「鈴波アミを待っています」
発売日:2022年3月16日
価格:1800円+税
著者:塗田一帆(Twitter:@nulltypo)
https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000015079/pc_detail/

表紙イラスト:しぐれうい(@ui_shig)
装幀デザイン:木緒なち(@kionachi)
帯推薦コメント:にじさんじ 健屋花那(@sukosuko_sukoya)

表紙イラストがういママ! 装幀を木緒なちさん! そして帯コメントが健屋花那さん、という豪華布陣。短編諸説として応募され、見事金賞を受賞した『鈴波アミを待っています』を長編小説としてリメイクされたものということで、めっちゃ気になりますねー。

さらに!

少年ジャンプ+にて読み切り掲載も決定しています。作画はおおみねさん。短編バージョンからコミカライズされているそうで、こちらも3月16日リリースです。

筆者も今読ませていただいているのですが、やばい、これはVTuberファンならまじでグッとくるやつ! ちょっともうすでに泣きそうなんですけど! これは、、、マストバイじゃないでしょうか。ご興味がある方はぜひ16日をお楽しみに!

記事提供:早川書房

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあ、いよいよ3年ぶりにあのイベントが帰ってきます! ケルンメッセ株式会社は本日9日、オンラインにて記者会見を行い、コンピュータ科学分野の国際学会(ACM)の分科会「シーグラフアジア2021(SIGG ...

2

今年はVTuberという世界において多くの出来事が起こりました。毎年かもしれないけれど、今年は特に多いような。先週末にはあの「バーチャフリーク」がageHaでラストパーティを終えたばかりでした。 とは ...

3

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

-VTuberニュース, ニュース
-, , , ,

© 2022 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)