ニュース

アルファコード、VR演劇『Defiled-ディファイルド-』特別公演をVRマルチアングル配信中

株式会社アルファコードは7日、株式会社シーエイティプロデュース(本社:東京都渋谷区、代表取締役:江口剛史)が手掛ける“新たな演劇の鑑賞スタイルを提供する”「STAGE GATE(ステージゲート)VRシアター」にて公演予定の『Defiled-ディファイルド-』ライブ配信特別公演(以下、本公演)を、Blinkyにてオンデマンド配信することを発表しました。

未来型演劇体験『Defiled-ディファイルド-』を、360度マルチアングルで楽しめる!

未来型演劇体験『Defiled-ディファイルド-』は、株式会社シーエイティプロデュースさんが行った日本初(アルファコード調べ)の39公演連続VR配信。

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、予定していた大阪公演を取りやめ、博品館劇場(東京)にて全国に向けてライブ配信特別公演を上演、アルファコードさんの手により本公演初のVRライブ配信に挑戦した、という次第。ライブ配信は8月9日・10日にて実施され、現在はオンデマンド配信が行われています。

もちろん、ここで発揮されたのがアルファコードさんの誇るVRプラットフォーム「Blinky」です、

BlinyLivekは自宅や好きな場所でいつでもどこでも新体験・新感覚のVRコンテンツを楽しめる生ライブ配信サービス。配信される『Defiled-ディファイルド-』はVRマルチアングルで撮影されており、劇場で見るのとはまた違った、様々なアングルから視聴することが可能になっています。これまでにVRonでは何度かご紹介させていただきましたね。

アルファコード、「Blinky」にてマルチアングルライブ配信コンテンツを6月7日より提供開始

VR/MR配信プラットフォーム「Blinky(読み:ブリンキー)」を展開する株式会社アルファコードは1日、VR生ライブ配信の第一弾として那須どうぶつ王国(那須高原リゾート開発株式会社)、および音楽座ミ ...

続きを見る

また、ヘッドマウントディスプレイやVRグラスがなくても、スマートフォンやタブレットでの視聴が可能。画面のタッチ操作により、観たい方向やアングルに自由に切り替えて動画を楽しめるようになっています。以下配信コンテンツ概要!

配信コンテンツ

・主催/企画・製作 :株式会社シーエイティプロデュース
・コンテンツ名  :STAGE GATE VRシアター vol.1 『Defiled-ディファイルド-』
(リーディングスタイル) ライブ配信特別公演
・会場      :博品館劇場
・作       :LEE KALCHEIM
・翻訳      :小田島恒志
・演出      :鈴木勝秀
・撮影/技術協力  :株式会社アルファコード

・コンテンツ概要 :ハリー・メンデルソン、図書館員。自分の勤める図書館の目録カードが破棄され、コンピュータの検索システムに変わることに反対し、建物を爆破すると立てこもる。目まぐるしく変化する時代の波に乗れない男たちが、かたくなに守り続けていたもの。神聖なもの。それさえも取り上げられてしまったら…。 交渉にやってきたベテラン刑事、ブライアン・ディッキー。緊迫した空気の中、巧みな会話で心を開かせようとする交渉人。拒絶する男。次第に明らかになる男の深層心理。危険な状況下、二人の間に芽生える奇妙な関係。果たして、刑事は説得に成功するのか。

・視聴料金    :各公演3,900円 (税込)
・販売方法    :チケットぴあにて販売(チケットぴあURL:https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2019376
・販売時期    :一般販売予定日 8月7日(金)10:00〜14日(金)20:00
・公演ホームページURL: https://stagegate-vr.jp/

ライブ配信は賑々しく開催が行われましたが、現在もこのライブのオンデマンド配信が期間限定で購入可能です。また、別途「VR配信」による公演が続けられておりまして、こちらが14日まで。詳しくは公演ホームページをご参照くださいませ!

記事提供:株式会社アルファコード

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/7/28追記 Oculus Goの年内販売終了を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HM ...

2

【2020年8月3日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)