VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRon(ヴイアール・オン)

Quillが気になるならこちらも押さえよう! HTC Viveの3Dお絵かきソフト「Tilt Brush」など

投稿日:

こんにちわこんばんわ。

先日ご紹介しましたFujitaさんのムービー、ヤバかったっすねー!

http://vron.jp/2016/12/08/worldsinworlds/

こちらのムービー、ご紹介しました通りOculus Story Studioの「Quill」というアプリケーションで描かれております。まるで目の前の空間で絵筆を動かすかのようにOculus Touchを~。さらさら~。

さて、今回はQuillのようにVR空間をお絵かきできるソフトをご紹介しましょう。

OculusがQuillならViveにはTilt Brushがあるぜ!

HTC ViveにはOculus Touchのようなコントローラがすでにセットでついております。

これですね。持ってる方の腕がゴツイですけども。

このコントローラを目の前の空間にさらさら~と動かして絵を描くソフトが「Tilt Brush」です。

Tilt Brushは、Googleが開発したHTC Vive用お絵かきソフトです。お値段29.9ドルは、奇しくもQuillとだいたい同じ(2990円)。

特徴的なのは、そのインターフェイス。右手が筆とすれば、左手に現れるインターフェイスがまるでパレット!

手に持つコントローラの差もあるのでしょうが、アプリケーションのカラーががっつりと出てる感じですね。非常に視覚的にわかりやすいというか機能的。Quillはもっとアーティスティックな印象が強めです。

彫刻や陶芸みたいに形を作っていく「Medium」

この他にもいろいろなアプリケーションが発表されています。Oculusからご紹介するのは「Medium」。

こちらはQuillの絵筆的なイメージというよりも、VR空間で彫刻(スカルプチャ)をダイレクトにやっちゃおう!的なイメージです。

 

球や立方体などのオブジェクトを空間にバリバリ置いたり、そのオブジェクトにスプレーでペイントしたり。お絵かきアプリ一つとっても、いろんなアプローチがありますねー。

それもVR空間と、HMDと、コントローラの全てが合わさってなせる業。これからもっといろいろなアプローチのアプリが出てきそう。

また新しいアプリケーションを見つけましたら、わかりやすい形で随時ご紹介していきます。お楽しみに!

オススメ記事

1

AR技術を活用して作られた新しい「テクノスポーツ」、HADOとは?   「HADO」とは、株式会社meleapが開発・提供しているAR(拡張現実)を用いた新感覚のARスポーツです。名付けて「 ...

2

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-コラム
-, , ,

Copyright© VRon(ヴイアール・オン) , 2017 AllRights Reserved.