コラム

WebVRをイチから始めてみた……ブログ開設のご挨拶を兼ねて

初めまして。株式会社81plus(エイティワンプラス)、と申します。

今年(2016年)の1月に生まれたばかりの、まだまだひよっこな会社です。今はVR動画の制作事業や、ウェブサイト制作事業などを中心にガリガリやっております。

VRでは360VRのライブ映像や、180度3DVRの動画制作などがメインです。一部を弊社公式サイトでも公開しています。

VR / 株式会社81plus

https://81plus.co.jp/vr.html

どうぞ何卒よろしくお願いします。

ブログの事始めは、WebVRのお話から

さて。

VR、というと皆さんは、弊社ブログトップにございます、口元のセクシーなお姉さまが装着している「ヘッドマウントディスプレイ」が目に浮かぶのではないでしょうか。

Oculus VR、HTC Vive、Gear VR、ハコスコ、PSVR……今年はいろんな形でVRを体験できるようになりましたね。

このようなVRコンテンツを、Web上で取り扱えるようにする仕組みが「WebVR」というものです。Web上で3Dを取り扱う「WebGL」という技術を使い、皆さんがお使いのブラウザで簡単にVRのコンテンツを表示したり、楽しめたりするようにします。

たとえば。

A-Frame

https://aframe.io/

こちらはFireFoxでおなじみの「Mojilla VRチーム」が発表した、WebVR用のフレームワーク。3DCGのサンプルと一緒に、VRのサンプルデモをわかりやすく表示しています。

でも、ウェブでVRを取り扱えることで私たちにどんな良いことがもたらされるのか、この情報だけではわかりにくいですね。YouTube行けば360VRのムービーが山のようにあるし、WebVRって言われても、みたいな。

そこで!

ブログを始めるにあたって、この「WebVR」を実際に書いてみて、どう活用できるのかを不定期かつすこーしずつ、すこーしずつではありますが、ご紹介をしてみたいと思います。まずは基盤となるWebGLと、そのWebGLを扱いやすくするためのフレームワーク「three」「A-Frame」のご紹介からかな?

それでは、末永くお付き合いくださいませ。よろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-コラム
-, , , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)