ニュース

来年のVR

モバイルVR

iPhone8(apple)

次期iPhoneはVR対応で全面ガラス製 米著名ブロガーが公表

Forbesより

「次期iPhoneは眼球センサーつきのヘッドセットのスロットに挿入すると、VRマシンとして稼働する。描画性能はNVIDIA 製1080カード搭載のデスクトップマシンを上回るものになる」

galaxy s8(samsung)

噂では

・デュアルカメラ

・2160 x 3840の4K解像度ディスプレイ搭載

Phab 2 Pro(LENOVO)

 

ZenFone AR(ASUS)

华硕CEO:明年将推出Project Tango手机和VR一体机

google翻訳:ASUSの最高経営責任者(CEO):携帯電話来年はプロジェクトタンゴとVRマシンを起動します

2017年の第3四半期に新しいVRHMDを計画中(スタンドアローンVR)。

ほかにも前回紹介した

iPhone7 Plus(apple)

au isai beat(LG電子)

HUAWEI P9(HUAWEI ) HUAWEI VR

ZTE AXON 7 MAX(ZTE)

も候補に上がります。

スタンドアローンVR

Project Alloy(intel)

techcrunchより

Real Senseで外部を認識している模様

Sulon Q(AMD)

外部カメラによるリアルタイム環境マッピング対応の模様

Santa Cruz(OCULUS)

OCULUSのスタンドアローンのプロトタイプ

据え置きVR

Windows 10 VR(microsoft)

これが来年Windows 10 VRを楽しむために必要なスペックだ―意外にハードルは低い

https://www.youtube.com/watch?v=Gu09UWqS8-Q

techcrunchより

「マイクロソフトはWindows Holographicイベントでテスター向けのVRモジュールを組み込んだプレスリリース版Windows 10を発表した。

このバージョンのWindows 10が作動する最低限のハードは、4GB以上のシステムRAM、 USB 3.0 port、DirectX 12(これも高度な要求ではない)をサポートするグラフィックカード、クオドコアCPU(ハイパースレッディングをサポートするデュアルコアを含む)だという。」

エントリー・レベルのVRヘッドセットが手の届きやすい価格になることに加えて、これに接続させるパソコンも特に高度なものである必要がないことがわかった。

来年のトレンドとして

モバイルVR・スタンドアローンVR

・デュアルカメラや深度センサー搭載でポジショントラッキングやハンドジェスチャー入力に対応

・アイトラッキング搭載でレンダリングコスト削減で表現力向上

据え置きVR

・価格299ドル~

・スペック エントリーPC対応

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2019/10/16追記 Googleより「DayDream」の終了が発表されたため、下記の種類のうち「6番」を削除しました ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head M ...

2

【2019年10月25日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.