コラム

【あの時はこんなでした】シースルー型のARゴーグル(HMD)をまとめてみました

今でこそMicroSoft Hololensの登場によりぐっと身近なものになってきた「ARゴーグル」ですが、2016年12月の時点でも様々なARヘッドセットが世に出ていました。

HoloLensとは異なり、工業用途やホビーユースだったりと使用用途が限定されているものがほとんどですが、早くからいろんなところから出ていたんですね。それではざーっと見ていきましょう!

EPSON-MOVERIO  BT-300

メーカーサイトはこちら。標準価格83,280円(税込 89,942円)。エプソンが展開しているARグラスです。どっちかというと前方にバーチャルシアターを出現させるタイプのシリーズですが、ジャイロセンサーなどを搭載し360度ビューへも果敢に対応しています。コントローラーにAndroidOS 5.1を搭載しているのがミソ。

SONY SmartEyeglass SED-E1

メーカーサイトはこちら。価格 98,500円 (税込 106,380 円)。単色型のARグラスで、「ディベロッパーエディション」と銘打たれている通り、工業用途向けに作られています。

 

Vuzix M300

海外勢としてARグラスに精力的なのがVuzixさんでございます。ビジネスユースをメインにいくつかのラインアップを発表しておりまして、こちらは「M300」。今や日本公式サイトでも積極的に情報発信されています。

こんな感じ! 今後のARゴーグル展開が楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2024/4/7追記 Oculus Rift Sの在庫限り終売を受けて、新たに記事を書き直しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display ...

2

さあ、ソニーの本気が徐々にその姿を表してまいりました! ソニーは18日、PlayStation 5向けに開発されている次世代「PlayStation VR」システムの新しいコントローラを公開しました。 ...

3

【重大発表(1)】2021/2/17(水)東京ガーデンシアターhololive IDOL PROJECT 1st Live.『Bloom,』開催決定! 視聴🎫発売 & 会場来場🎫1次先行受付開 ...

-コラム
-, , , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)