コラム

【あの時はこんなでした】シースルー型のARゴーグル(HMD)をまとめてみました

今でこそMicroSoft Hololensの登場によりぐっと身近なものになってきた「ARゴーグル」ですが、2016年12月の時点でも様々なARヘッドセットが世に出ていました。

HoloLensとは異なり、工業用途やホビーユースだったりと使用用途が限定されているものがほとんどですが、早くからいろんなところから出ていたんですね。それではざーっと見ていきましょう!

EPSON-MOVERIO  BT-300

メーカーサイトはこちら。標準価格83,280円(税込 89,942円)。エプソンが展開しているARグラスです。どっちかというと前方にバーチャルシアターを出現させるタイプのシリーズですが、ジャイロセンサーなどを搭載し360度ビューへも果敢に対応しています。コントローラーにAndroidOS 5.1を搭載しているのがミソ。

SONY SmartEyeglass SED-E1

メーカーサイトはこちら。価格 98,500円 (税込 106,380 円)。単色型のARグラスで、「ディベロッパーエディション」と銘打たれている通り、工業用途向けに作られています。

 

Vuzix M300

海外勢としてARグラスに精力的なのがVuzixさんでございます。ビジネスユースをメインにいくつかのラインアップを発表しておりまして、こちらは「M300」。今や日本公式サイトでも積極的に情報発信されています。

こんな感じ! 今後のARゴーグル展開が楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-コラム
-, , , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)