ニュース

Galaxy S7 edge国内でもAndroid 7.0へ、iPhone10周年モデルはいったいどうなる!? 3月17日のAR・VR・IoTニュースその2

au・docomo、Galaxy S7 edgeをAndroid7.0へバージョンアップ

au、docomoの2社がGalaxy S7 edgeのAndroid7.0へのOSバージョンアップを開始しました。

でですね、実は去年のお話になるんですけども、Jiggly.cnさんが以下のような記事を公開しているんですよ。次期Gear VRではリモコンが標準装備になりますが、どうなるのでしょうか……。関心は尽きませんね。詳細はJigglyさんの記事をご覧くださいませ!

次期iPhone、次はどこが部品を供給するのか? そして10周年モデルの新機能は!?

 アップルは一般的に、iPhone最新モデルのどういった機能が目玉になるか、発売前には明かさない。だが、競合他社の動きや部品サプライヤーが示す手掛かりを考慮すると、複数の進化を遂げている可能性が高い。予想される新機能の一部が、有機EL(OLED)を用いたフレキシブルディスプレーと、USB-Cポート採用によるワイヤレス充電だ。そして3次元(3D)センサーと呼ばれる機能も内蔵される公算が大きい。

ウォールストリートジャーナルより

ガラスから音響部品、移載機――ごく微細な部品をマザーボードに設置できる産業用ピンセットのような実装機――まで、あらゆるものを手掛けるメーカーが熱狂している。

日経(FT)より

お次は「今度こそ、なんかすんごい機能が来るんじゃないの? 10周年だし!」とのうわさで早くも持ちきりの次期iPhoneについて。

次回のiPhoneは「今のところ3機種リリース」「うち一つは10周年記念モデルで価格も1000ドル越え」「10周年記念モデルは有機ELディスプレイを採用」なーんてうわさが聞こえてきておりますけども、VRon的には「3Dセンサー搭載」が気になります。なんせ、仮に搭載すればですよ、ティム・クックさんが常々言及している「AR対応」がかなりぐっと現実に近づくわけですからね!

上記2本の記事は、次期iPhoneの部品を供給する側(サプライチェーン)から見た今回の次期リリースについて書かれていますので、興味がある方はぜひ!

でで、その10周年記念モデル。CNET Japanさんが今出回っている「うわさ」についてまとめています。

次期iPhoneにデュアルレンズのカメラが搭載され、周囲の空間をスキャンしてそこに高精度で3Dオブジェクトを重ねられるようになる可能性はある。

CNETより

おお、こちらにも「AR」的なうわさが! 仮に実現すれば超エポックメイキングな機能になりそうです。引き続き注目していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-ニュース
-, ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)