コラム ニュース

Inter BEE 2017に行ってVR/ARの最前線を見てきました!(その2・Insta360)

更新日:

15日から本日17日まで幕張メッセにて開催されました「Inter BEE 2017」。本日より、展示されていた企業様・製品などをひとつづつご紹介していきます。栄えある1つ目は、「Insta360」です!

Insta360 ONE(Arashi Vision Co., Ltd)

あの噂のカメラがついに! ハコスコ、「自由視点・自由視線編集」機能等を備えたInsta360シリーズ新製品「Insta 360 ONE」を世界同時発売

株式会社ハコスコ(東京都渋谷区)は28日、同社が国内代表代理店を務めるInsta360から、4K対応の360°カメラ「Insta 360 ONE」が世界同時発売されたことを発表しました。 時は遡ります ...

続きを見る

8月末に衝撃的な360度VRカメラが出ました。その名は「Insta360 ONE」。当ブログでもご紹介させて頂きましたね。

今回Inter BEEにInsta 360を開発したArashi Visionさんがブース出展されていましたので、ちょっと遅めのハンズオンして参りました!

超手軽! iPhoneに指すだけで自由自在に映像を編集!

Insta 360 ONE」は 2,400万画素(6,912 x 3,456)の360度写真と4K対応(3,840 x 1,920@30fps、2,560 x 1,280@60fps)の360度動画を撮影することが可能な360度アクションカメラでございます。

前回の記事では先進的な機能の数々をご紹介しましたが、ブースでデモをしていただいた時の第一印象は、「うわー、思ったよりもはるかに手軽!」

撮影した後、こうやってiPhoneのLightning端子にカチャっとつけるだけでデータが転送されて、即視聴・編集ができちゃうんです。目の前でその流れをそのままやって頂いたもんですから、なおさらお手軽感が半端なかったですね。

実際にアプリ上で360度ビューをグリグリしていただきました。

グリグリー。こんなに手軽にできるんですねー!

あの「バレットタイム」に使う専用自撮り棒!

それとそれと! Insta360 ONE といえばやっぱりあの「バレットタイム」ですよ!

このバレットタイム撮影を実現させてくれるのが、専用の自撮り棒。そちらも見せて頂きました。

自撮り棒に本体を取り付けて、これを~

 

こうやって回して撮影して、iPhone上で自動り棒を消すと、あのバレットタイムが実現できるわけですね~!

ブースでは「Insta360 Pro」も展示されていました。今最も勢いのあるVRカメラメーカーがダイレクトに出展、ということで、ブースは常に盛況でしたよ!

こんな感じでInter BEEの各ブースを紹介していきますので、これからもどうぞご期待くださいませ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

さあて、10月17日がやってまいりましたよ! 10月17日がどうしたのって? 決まってるじゃないですか、Windows Mixed Realityが動作可能になる「Windows 10 Fall Cr ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

4

【2018年6月2日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

5

株式会社meleapは4月21日、ARスポーツ「HADO」の大会「HADO SPRING CUP 2018」を開催しました。 今回、VRonは昨年に引き続き直々にお誘いを頂きまして、ガツーンと取材させ ...

-コラム, ニュース
-, , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.