ニュース

H2L、スマホVRデバイス「FirstVR」の開発者用サイトをオープン、SDKの無料公開をスタート

投稿日:

H2L株式会社は17日、腕に巻くだけで直感的にVR/AR体験を提供するデバイス「FIRST VR」の開発者用サイトをオープンし、専用アプリ開発のためのSDK(alpha版)の無料公開を開始しました。

「アクティブセンシング技術」が可能にした、新たなデバイスコントロール

H2L、腕に巻くだけで直感的にVR/AR体験できるデバイス「FIRST VR」を東京ゲームショウ2017で発表

腕に巻く、というのが新鮮! H2L株式会社(東京都江東区)は21日、腕に巻くだけで直感的にVR/AR体験を提供するデバイス「FIRST VR(ファーストブイアール)」を9月21日から24日まで幕張メッ ...

続きを見る

昨年の9月にご紹介させて頂きました、「世界初のアクティブセンシング技術」を採用したコントローラ付きスマホVRゴーグル。それが「FIRST VR」です。

腕に巻くだけで、コンテンツ内にて「物を投げる」「銃を撃つ」といったコントロールを可能にしています。昨年開催された東京ゲームショウ2017より予約販売が開始されておりまして、現在も公式サイトにて販売中。

ビックリなのはそのお値段。税込み9,980円(!)となっております。iOS, Androidのスマートフォンに対応しておりまして、iOSですとiPhone7以降、Androidの場合はGALAXY S8 / S8+、Xperia XZsシリーズが推奨されていますね。

いよいよ開発キット(SDK)の公開がスタート。しかも無料!

これまでオリジナルのコンテンツ「母ご乱心」「FVR wizard」が公開されておりましたが、今回晴れてSDKが公開された、という次第。デベロッパー専用サイト( https://dev.first-vr.com ) にてデベロッパー登録を行えば、Unity+C#をベースにしたSDKやAPIを無料でダウンロードできるようになっています。

SDKにはBluetooth接続からキャリブレーション、ジェスチャ認識などのクラスを取り揃えている他、サンプルプロジェクト付き。日本語版と英語版のドキュメントとチュートリアルも用意されていますので、特にUnity使いの方にはとっかかり安い内容になっておりますよ!

今回発表されたSDKが「アルファ版」ということで、今後も頻繁なアップデートがありそうです。手で握るタイプのコントローラが多い中、「腕に巻く」という発想は発表から半年が経過した現在でも斬新ですね! 今回のSDK公開で新たなアプリケーションのリリースが期待できそう。今後に注目です!

記事元:H2L、スマホVRデバイス「FirstVR」の開発者用サイトオープン。SDK(alpha版)を無料で公開。-PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

3

【2018年8月2日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

-ニュース
-, , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.